趣味

ミュウちゃんで1鞍

昨日は、専用馬ミュウちゃんで乗ってきました。ミュウちゃんは先週は熱でお休みして、心配していましたが、今日は元気でした。がsign03 裏堀りするときに、左足の蹄鉄が外れかかっているのに気が付き、指導員さんに釘でとめてもらうことになりました。この子、直前のレッスンでもこの状態で出ていたのかな?? ケガしたら大変だぞー。

ミュウちゃんは初めて乗った時はやたらと前に進みたがってちょっと不安に思ったものでしたが、4鞍目となると気心も知れてきて、安心して乗れました。けっこう、甘ったれでいい子ですsun右側の背中の傷もだいぶ癒えてきたようで何よりです。

次回からは選定馬なので、どの子にあたるかドキドキ。。。トラちゃんなどだと安心だな。何しろ、自営業なので、落馬して骨折して入院なんてことになったら、収入に直接ひびくので落馬できません。

初詣外乗

昨日は、初詣外乗に行ってきました。目的地は雨引山楽寺です。

今回は、つくば山からの冷たい強風が吹き下ろす「つくばおろし」の中、寒さに震えながらも完走しました! 今回は前回より少し短い距離で、多分往復40~50キロでしょうか。これなら20キロエンデュランスに出られちゃうかもsnow

私を乗っけてくれたのはハーフリンガーの茶色・金髪のルイジ君。いや、前回もだったけど、どうも私が乗ると馬がイケイケっぽくなって、先頭馬のマリアちゃんの横に並ぼうとするんだよねぇ。。重心を坐骨に移して乗っているつもりなんだけど、なんか違うんだろうねぇ。

それにしてもすごかったですよ、お寺が山の中腹にあるもんで。行きはものすごい急斜面を速足で駆け上がる場面があり(って馬がですが)、帰りは鐙を踏ん張りながら下ったわけです。山の中といっても普通の道路なので、横を車が通過していったりして。多分、車に乗っている人の方が怖かったのではないかと思います。寺の池には大きくて立派なカモが数羽いました。あんなに見事なカモは初めて見ました。何という種類なんだろ。

年末のかわいい奈々子さん

「鳥気まま日記」と称してこのところ、奈々@ヨウムの話題はごぶさたしておりました。今日は写真をアップします。昨日は、7年目にして初めてヨウムの砂堀りを目にしました。いや~、一羽二役ですね。鳥と犬の。ワンワン!って鳴いてるし。それより、大掃除は間に合うか?! どう考えても間に合わん。大掃除は年越しだ~。年末も元旦も「翻訳三昧」な日々が続きます。目下の励みは、「ローズマリー&タイム」のDVDを見て癒されることだ。。。

Nana20091230_1_2 Nana20091230_2 

子馬たちに癒されてきました

今日は、某乗馬クラブ(外乗会員にさせてもらいました)で1鞍乗ってきました。乗っているときは必死だけど、終わってみると「あ~、面白かった」と思えるから、乗馬って不思議です。乗っているときも「あ~、面白い」と思えるように余裕が持てるようになりたいです、早く。今日は、軽速歩をしながらの巻き乗り、斜め手前変えが中心でした。私の問題点は、つい手綱を上に持っていってしまうこと。手綱は常にへそ下に維持しなければならない。あと、前傾。女性は身を守ろうとする本能が強いので、前傾になる人が多いとのこと。なるほどねぇ。やっぱり、落馬するのは怖いと思ってしまう。

騎乗後は、子馬6頭たちに遊んでもらってきました。サンタフェは私と似ているような気がする(笑)。他の馬に「邪魔!」と脅されると、「あら?!」とちょっとしゅんとしてしまうタイプ。もちろん、今の私は「邪魔!」と言われようものなら、「お前が邪魔だ!」とやり返す人になってしまいましたが。。。私は仔馬に(おとなの馬にもだが)どう接していいかわからず、仔馬にとっても人間はまだ未知の存在。どう接していいのかわからないけど、とにかく背中、お腹、首筋をたくさんなでてきました。ほかの子馬たちも寄ってくるので、適当に撫でてやりました。サンタフェはマイペースながらも、この世に生れてきて戸惑っているような、そんな感情もちらつかせています(私の思い込みかもしれないけど)。

子馬6頭に文字通り囲まれて、たくさん撫でて、ふと気がつくと癒されているという一日でした。また、会いに行くからね、サンタフェheart04

マイホース、サンタフェ

今日は記念すべき日になりました。というのは、ついに自馬をゲットしちゃったからですhorse 茨城県の某乗馬クラブで、なんと馬の代金タダsign03で子馬の馬主を募集していたので、誘惑に勝てず名乗りを上げてしまいました。最初は100%自馬にしようと思ったけど、現実的かつ経済的に厳しいので乗馬クラブと所有権半々の半自馬ということにしました。

仔馬は全部で6頭いて、そのうち3頭がすでに他の人に決まっていたので、今日は急きょ、2時間ほどかけてその乗馬クラブに行って決めてきました! この子はサラブレッド半分、ウエストファーレン、トロッター各1/4の葦毛で、まだ生後半年です(今はグレーだけど、年数を重ねるに連れて白馬になる)。ちなみに父親はサッカーボーイという元有名な競走馬だそうです。馬主は名前を付けることができるので、「Santa Fe(サンタフェ)」と命名しました。これが生涯、この子の正式名称です。

サンタフェはもちろん、ニューメキシコの州都からとりました。ちなみに州都サンタフェの正式名称は、"La Villa Real de la Santa Fe´ de San Francisco de Asi´s" = "City of the Holy Faith of St. Francis of Assisi" = 「アッシジの聖フランチェスコの聖なる信仰の町」だそうです。聖フランチェスコといえば、江原啓之さんが敬愛している聖人だなぁ。すごい偶然です。

それにしてもなんてラッキーなんだ、私はgood 乗馬歴1年ちょいで自馬が持てるなんて。夢のようです。写真をアップしておきます。手前の子です。乗馬クラブを出るとき、私を見るとすぐに駆け寄ってきて撫でさせてくれました。もう絆ができているのかも?! 今日は、子馬と犬(乗馬クラブに犬が数頭いて、そのうちの小さい黒い犬がすごくなついてくれていて、クラブの方と話している間、ずーっと膝の上で寝てました)とヨウムをたくさん撫でることができて幸せな一日でした。

Santa_fe

ついに複合卒業!

今日は、所属乗馬クラブで90分レッスンに参加しました。今日のお相手は久々のツイスター君。相変わらず、抱きが細い。上背はあるのにね。馬場がぬかるんでいて、足場がめちゃ悪い。こりゃ、つまづきそうと悪い予感がしていたら、軽速歩のとき、案の定、何度かガクっと前のめりにつまづきました。私、こういうびっくりはすごく苦手coldsweats02 得意な人はそういないだろうけど。軽のたびにかなりドキドキしました。でも今日は、踵を下げたまま軽ができたようです。レッスン終了後、ツイスターが顔を寄せて甘えてきたのが可愛かったhappy01 

お手入れの時は、蹄がドロドロに泥だらけだったので、よーく洗ってやりました。

そして、ついに今日で初心者複合を卒業となりました!残念ながら、来月は多忙につき休会なので、来年1月からになりますが。長かったなぁ~。

ニューメキシコ

一昨日送られてきたフリーダムライディングクラブの会誌に、な、なんと、来年2月にニューメキシコにてエンデュランス大会の予定とある。行きたいなぁ~お金があればだけど!!ついでに(というか個人的にこっちがメイン)ビリーザキッドゆかりの地も見てみたいし、ホワイトサンズやサンタフェも観光したい! ほーんと、金があればね。ニューメキシコで乗馬したいよね。一応、来年の1月には駈足できるようになっているはずだし。ああ、乗馬ってなんて金のかかる趣味なんだ!馬を自転車みたいに乗りこなせればなぁ。

今翻訳しているのは、某船会社のクルーズ旅行の案内。旅に出たい…ような気がする。

がんばっている自分へのご褒美として(なんて便利なフレーズ)、「赤毛のアン メモリアルDVD」を買っちゃった。まだ、届いていはいないが。赤毛のアンは子供のころ、欠かさず見ていたアニメシリーズ。あの頃のアニメは絵も丁寧できれいでよかったですね。今のアニメはコンピュータ処理かなんか知らないけど、やたらテカテカしていて線も色もすごくデジタルで粗雑な感じ。多分、原作の絵自体も幼稚。ジャングル大帝も鬼太郎も余計なリメークはしなくていいいから、昔の丁寧な方の再放送お願いします。

で、子供のころ、赤毛のアンのアニメを見て、小説も読んでみた。村岡花子さんの翻訳の素晴らしさ、知識の豊富さは子供でもわかりました。「翻訳家ってすごいなぁ」と。今、やたらと古典復刻とか称して、新しい翻訳が出ていますが、赤毛のアンに限っては、古めかしいながらも美しい日本語の村岡版の方が好き。古めかしいものは古めかしいように訳した方が、その時代の雰囲気に浸れていいと思う。

昨日は父を連れて鍼灸院に行ってきました。食事療法が思ったよりもすっごく大変。朝は青汁、野菜ジュース、豆乳だけ。昼はかけそば、夜は比較的自由だけど、肉類、乳製品は一切だめ。あ、あと米もだめで、玄米か雑穀米。ちなみに、タバコはアメリカンスピリットという無添加タバコならOK。アメリカンスピリットってどういうパッケージなんだろうと思って検索したら、なんと、ニューメキシコ州サンタフェのタバコ会社のブツでした(笑)。やっぱり、ニューメキシコ、縁があるのかな。

4級取得コース:第1回(3レッスン)

昨日は、別の乗馬クラブの「4級取得コース」に行ってきました。忘れないうちにメモっておこう。

内容:馬場を歩かせる。手綱操作。脚。半巻き、巻きのり。軽速歩。正反動。

・手綱の余りは真ん中に垂らすのではなく、横に垂らす。

・手綱は右に開く場合は思い切り開いて、左も使う。というのは、馬は右にひっぱられて苦しいので苦しくない方向=左へ曲がろうとする。だから、左も右方向に引っ張る感じで使わないと右に曲がってくれない。

・脚を頻繁に使う。馬が遅い時、脚を頻繁に使って「騎乗者がボス」だということをわからせないと、馬になめられて好き勝手される。

・姿勢は前傾になっているので、もっとそっくりかえる必要がある。下半身の姿勢はいいが、上半身は前傾になりがちなので要注意。

・軽速歩のとき、もっとそっくりかえる姿勢で。前傾だと止まった時に前につんのめる。手綱を持つ位置が上にいきがちなので、へその位置を保つ。脇は軽くあける。立つときは腰を前に突き出すような感じに(腹を前に出すような感じ)すると、座った時、馬の背に負担をかけなくてすむ。そのとき、足はやや後ろの位置。

・正反動では手綱を長く持ち、鞍のつかまる部分を持って練習。かなりそっくりかえった姿勢で。そうしないと尻が鞍にぼこぼこあたる。

私の良い点は、バランスがいいので、まず落ちない(ほんと?!)。馬の邪魔をしていない。軽速歩はGOOD!

濃い1時間半でした! 平日だとマンツーマンだそうなので、ここで基礎から習得したい。

ヨウムのチカラ

先々週から入院していた母が戻ってきました。数日前、心臓カテーテル手術を受けた後、高熱を発し、そんな中で母は奈々@ヨウムの夢を見たそうです。夢の中では黒いベッドに寝ていて、私が「お母さん、お母さん!」と呼びかけのるが聞こえ、「ああ、死ぬときはこんな風にすーっと静かに逝くんだな」と思ったけれども、突然奈々@ヨウムが出てきて「オカーサン」と呼びかけ、その声があまりにも愛らしいので思わずニコッと微笑むと、私が「あ、笑ったよ」と父に話すのが聞こえて(夢の中で)、それで目が覚めたそうです。「多分、夢の中だけじゃなくて、実際に微笑んでいたと思うよ。奈々ちゃんが呼んでくれなかったら、そのまま死んでたかも」と母は言ってました。実の娘よりも威力のあるヨウムのチカラsign03奈々にあんなに邪険にされているのにねぇ。。母は多分、奈々の足の裏の感触しか知らないはずだ(つまり、そのくらい触らせてもらえないってこと)。

昨夜、一晩で読了したのはコーマック・マッカーシーの「ザ・ロード」。例の切れ目のない静かな語り口ながら、何ともすさまじい場面のオンパレードでしたが(残虐場面が苦手な人にはお勧めしません。ビゴ・モーテンセンで映画化されるそうですけど。「ヤングガン2」の頃は、こんなにビッグになるとは想像してませんでしたね、この俳優。少年を殺した後の、「Take your medicine, son」という捨て台詞と酷薄な表情が印象に残ってます)、ストーリーに引き込まれて気がつくと深夜3時になってました。核戦争で世界が壊滅状態になり、灰色の塵が大気を被って地球が寒冷化していったため、父と子が暖を求めて南へ向かって旅をする物語ですが、その世界では強者が弱者を狩って食らうのが当たり前になっている(確かに、時が進むにつれて生き残るのはこの手の連中多数っていう確率は高い)。簡単にまとめると、しかしながら、そんな世界においても損なわれない善性が存在するという話です。

夜中の3時過ぎに寝て翌日遅く起きることができるのは、フリーランスの特権good

昨日は2冊の別々の本(上述の「ザ・ロード」と刑事ヴァランダーの最新刊。これはスウェーデン語)に、偶然にも同じ格言(?)「人は思い出したいことは忘れるが、思い出したくないことはいつまでも覚えている」が出てきた。なんか、私へのメッセージ?!

駆け足ってどんな状態なの?

昨日はほぼ2週間ぶりに騎乗してきました。1鞍目はあの可愛いしゅうちゃんで、2鞍目は初めてのロトルアでした。しゅうちゃんは相変わらず、軽は出にくいですが出ると爽快なのです。ロトルアさんはハエにたかられて、首を大きくぶんぶん振り回すので、このまま頭にきて暴走しないだろうかと不安になるほどでした。でも、まじめでした。ちょっと不安になると、軽速歩のとき、足が後ろに流れてしまうのが課題。

しかし、このままでは駆け足にたどり着くまでほど遠いなぁ。と思い、某乗馬クラブの4級取得コースに申し込んでしまいました! 3か月で駆け足までいって、4級を取得することになります(合格できればの話)。合格できれば申し分ありませんが、駆け足が少しできるようになれば満足かな。駆け足ってどんな状態なんだ? 外乗のとき、駆け足がでちゃったらどうしよう?という疑問、恐怖を少しでもいいから解消したい。

ミクシィの情報を頼りに色々と乗馬クラブを検索してみたら、とても近いところによさそうなところを1つ発見しました。環境も素晴らしいし、このクラブのバランスレッスンに興味あり!でも、1レッスン1万5千円くらいする。たっかーーーーい!! 5レッスンで5万円だって。どひゃ。でも、そんなに効果のあるレッスンならいつか受けてみたいな。うーん、金がたまんないわけだね。

来月は翻訳何とか祭が開催されるので、参加を申し込みました。フリーになると、同業者に会う機会ってほとんどないもので。余力があればパーティーまで。そのため、気合を入れて名刺を作りました。フリーランスになって初めての名刺だdiamond。250枚で600円という激安のところで注文したら、案の定、カラーにするとXX円追加、おまけ、追加XX円、XX円というシステムであった。何だかんだと送料込みで3000円超えてしまいました。注文後に気付いたけど、この会社、オランダ系の会社でした。どうりで送料が高いわけだ。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House