日記・コラム・つぶやき

サラブレッドが辿る末路:その実態について

今号のPETAの冊子には日本における引退競走馬の覆面調査の記事が掲載されていたので、ざっと訳します。競馬ファンには水を差すようで悪いけど、これが大半の競走馬の末路です。こうした現状に目をつむって、鈍感になってはいけないと思います。

********************************

Animal Times 2009年秋号の記事より

"サラブレッドたちを屠殺から救うためのPETAの取り組み"

カリスマティック号とウォー・エンブレム号がケンタッキー・ダービーで優勝したのはちょうど2,3年前のことだが、かつてあれほど愛された馬たちは今、遠く離れた日本にいる。PETAの最新の覆面調査によると、彼らはいつペットフードにされてもおかしくない状況にある。

缶詰の中の「余生」

競馬業界で一生懸命に走ってくれた多くの馬には、屠殺場送りという恐ろしいご褒美が待っている。長年の人間による使役や虐待の末、ほとんどの競走馬は、売却要求競馬(レース後に売却される)で安く売り飛ばされることになる。馬主は、馬が金を稼げなくなると、商品のように馬を売買するのである。馬たちは、「ミートマン」によって直接競馬場から回収される。その数字はショッキングなものだ。毎年、10万頭のアメリカの馬がぎゅうぎゅうづめのトラックでメキシコやカナダの屠殺場に輸送されるが、そのうちの12,000頭がサラブレッドの競走馬であった。その他の馬は、競馬や繁殖用に出荷されるが、彼らも最終的にはドッグフードにされる。

「勝ち馬」でさえ負ける

人気馬だって身の安全は保証されない。1986年のケンタッキー・ダービーの勝者、ファーディナンド(Ferdinand)は、日本の繁殖業者に売られた後、2002年に屠殺された。覆面調査中、PETAは、ほかにも2頭のケンタッキー・ダービーの勝者、カリスマティックとウォー・エンブレムが現在、日本の繁殖場にいることを突き止めた。2頭とも、ファーディナンドが屠殺された2002年に日本に送られている。2頭の繁殖はあまりうまくいっていない。種馬としての価値がなくなりつつあるので、まもなくファーディナンドと同じ運命をたどるかもしれない。

日本への切符は片道だけ

ファーディナンドの屠殺後、毎年2000頭以上のアメリカの競走馬が日本に送られている。その多くはあまり有名ではない馬たちだ。ほとんどは牝馬で、種雌馬となる。繁殖用に使えなくなった後、アメリカに送り返されるのはいるかいないかである。日本の競走馬の90%は引退後、屠殺場送りになる。去年日本で殺された馬は全種合わせて2万頭で、その目的の大半はペットフード用か食肉用である。

恐ろしい最後の数分間

PETAの調査員は、日本最大の馬の屠殺場である熊本食肉センター内部でビデオを撮影した。PETAのビデオ(ESPNのOutside the Linesに掲載)からは、ファーディナンドの最後がどのようなものであったかを察することができる。サラブレッドは屠殺の直前に水をかけられ、屠殺室にいれられる。作業者は金属棒で足を殴って、馬を屠殺の位置につかせる。恐怖で混乱した馬はパニックになり、端綱を抜けて逃げようとするが、すぐに捕まり、数分後にボルトショット(電気銃?)を頭に打ち込まれて殺される。

大量繁殖が生み出す悲惨さ

日本に数多くある繁殖場の1つ、社台スタリオンステーションでは、毎年、33頭の種馬たちが4800頭の雌馬を受胎させており、北米では年間5万頭以上のサラブレッドを生産している。日本とアメリカの繁殖業界のせいで、馬の数が過剰に膨れ上がり、不要になった「余剰」競走馬が屠殺場送りになるという状況に直接つながっている。増えすぎた犬猫の数をストップさせる最良の解決策が去勢プログラムであるように、屠殺場送りになる馬の数を減らすには、繁殖を緊急に規制する必要がある。

馬に希望はあるか?

アメリカの競馬業界は深刻な低迷状態にある。去年、エイト・ベルズがケンタッキー・ダービーで死んだことで、一般市民の怒りが高まった結果、議会聴聞会が開かれ、福祉改革が急速に進むこととなった。競馬の観客は大幅に減り、レース日をキャンセルしたり、完全に閉鎖されたりした競馬場も多い。ほとんどの競馬場は現在、生き残るためにスロットマシンで得られた収益による助成金を受けている。

 しかし、日本では他のどの国よりも、より多くの賭け金が競馬に投じられている。アメリカのサラブレッドの輸出が日本の競馬会に火を注いでいる。これをやめさせるには、あなたの助けが必要だ。

あなたにできること~日本への馬の輸出をストップさせよう

・National Thoroughbred Racing Association(NTRA) に投稿して、日本への馬の輸出をすぐにやめるように働きかけ、競走馬の大量生産をストップさせるための規制を設けるように依頼しよう。投稿先:Alex Waldrop, CEO, NTRA, 2525 Harrodsburg Rd., Ste. 400, Lexington, KY 40504, 800-792-872, ntra@ntra.com

・競馬の観戦をやめることで、競馬業界をささえるのをやめよう。

・この記事を他の人にも紹介して、馬の置かれている状況を広く知らせる。

カリスマティック

カリスマティックはケンタッキー・ダービーとPreakness Stakesで1999年に優勝したが、足を骨折。アメリカでは年間、1200頭以上の競走馬がレース中に致命的な骨折をおっている。カリスマティックは6時間もかけて足の手術をしたが、2002年に日本に売られた。しかし、彼の繁殖歴は失敗に終わる。PETAの調査員は、日本のミサワにいるカリスマティックを撮影したが、彼は現在、下のレベルの繁殖施設に格下げされている。

ウォー・エンブレム

2002年にケンタッキー・ダービーなどで優勝後、繁殖用として、日本の社台スタリオンステーションに売られたが、繁殖は大失敗に終わった。定期的にステロイドを注射して、性ホルモンのレベルを上げようとしたが、交尾を拒み、2年間、1頭の子馬も生まれなかった。ウォー・エンブレムの馬主はPETAに「ウォー・エンブレムは競走馬時代にステロイドを大量に打たれているので、注射なしでは種馬として機能しない」と語っている。

翻訳の日々

翻訳の仕事は年明け4日までスケジュールが埋まっているので、まずは一安心sun 問題は年明けかな。早々に埋まりますように~。最近は、ITよりもエネルギー会社のニュースレターとか、観光サイトとか、オンラインのカジノサイトとか、畑違いのものが多かったので、何となく気疲れしたというか(苦笑)。カジノサイトはたまに入ってくるので、ブラックジャックのやり方とかちゃんと本を読んでおこうかなぁ。先月は働き過ぎて、今月はちょっと疲れが。。3000ワードを二日かけてやるようでは怠け者ですよねぇ。それにしても会社が倒産して10カ月もたつとは、本当にあっという間に月日は流れます。

赤毛のアンのDVDが届いたので、即日3話分ほど見てしまいました。やっぱり、いいですよねぇ~、赤毛のアンの世界はゆったりしていて。名探偵ポワロのDVDもたまに忘れたころに見ていますが、これもほとんど癒しと安らぎすら感じます。殺人事件や盗難事件が題材なのに(笑)。品性とユーモアのある登場人物たち、美しい景色、大きな館…。これが心地よくないはずがない! それから、デュランデュランの「Save a prayer」のビデオ。ああいうきれいな風景を見ていると、ノスタルジーのようなものを感じる。温暖化とか異常気象といった言葉のなかった、ここまでひどく損なわれていなかった頃の地球の風景だと思うと。

1/6は性懲りもなく、初詣外乗に参加する予定です。今度はギブアップしないぞ!神社のお参りもあることだし。前回の大きな敗因はケーキバイキング(馬の大好物の雑草が延々と続く中を行進)と半指手袋(これで指の皮が擦り切れて手綱をコントロールするのが辛くなった)にあったと思う。さすがに1月なら、ケーキも少なくなっているでしょう?!

まいったね

母がようやく退院したと思ったら今度は父が入院。エコーを見る限り、どうやら末期の肝臓ガンらしい。まさかこんな形で親を失うかもしれないとは、予想していませんでした。鳥の時もそうだけど、老衰みたいな形で逝ってくれたらなぁと思ってましたので。ガンといっても本人はまだ元気で、食欲がなくて疲れやすいだけなんだけど。正直、自分がガンと言われるより辛い。自分なら、この世からお暇できる、と内心嬉しかったりするんだが。。

先週はどーんとどんより落ち込んでましたが、治療がないわけではない。有明の有名なガン病院に転院させる予定です。それと、鍼灸治療を兼ねていきます。とにかく私の一存に任せてもらう。辛い化学療法は本人も希望していないので対象外。

そんなわけで、今週はとてもじゃないが、翻訳祭どころじゃなくなりました。乗馬も。来週は行けるかな。

万物は流転する

突然ですが、先週の金曜日に会社が倒産しましたsweat02夏のボーナスはないと言われていたし、仕事は暇だし、これはまずいなぁとは思っていたけど。。それにしてもすごかったなぁ。前日の木曜日にいきなり全社ミーティングで「2/20で全員解雇」を告げられるとはさすがに予想していませんでした。せいぜい、リストラとか減給とかそういう話かと思っていたので。しかし、社長だけあって決断が早いというか(苦笑)。私は前々から内職していたから、ダメージはある程度食い止められますが、一人暮らしで内職もしてこなかった人はたまったものではないと思う。そういう人、結構多かったからウチの会社。。社長もこれから再就職とかするんだろうか。まだ50代だから。家屋敷を売ってみんなの退職金を作るそうです(規定の半額だけど)。社長もこんな状況になっても飄々としていて明るいっていうのは、もって生まれた性格なのか、すごいというか。悲壮感丸出しの、ぼくって不幸なんですぅ、かわいそうなんですぅ、大変なんですぅって人よりなんぼか尊敬できる(笑)、いまさらですが。こんな社長なんで、遅刻が多くてもさほどマイナスにはならなかったし、社内体制も分業が整っていて、ほんと働きやすい会社だった(笑)。今まで働く場所を提供してもらって感謝です、はい。

今現在、内職が本職になりつつありますが、夏冬の大きいローンがあるので、しばらくは派遣かオンサイトで社内翻訳者にでもなろうかと思ってます。正社員はなかなか見つからないだろうし、なっても1,2年で辞める予定だし。そう思うと、やっぱりあと1年はもってほしかったですよ、この会社。スーツなんて何年も着てないし、ああ、面倒くさい。健康保険がもう使えないので、国民健康保険に切り替えに行かなくては。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House