« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年1月

ENEOSでんき

年をとると1年が早いと申しますが、1週間が過ぎるのが早い! もう金曜日。

昨年末、税金対策のために購入した家具が今月続々到着。ディノスで頼んだ100cm幅の食器棚付きキッチンボード(こちらは税金とは無関係)、やっぱり注文して良かった~ おかげでリビングにあった大きくて古い食器棚を処分し、メインの食器は全部キッチンボードに収納できました。古い食器棚(20年以上は使っているはず)と前のキッチンボードは大塚家具の買い取りサービスで二束三文だけど買い取ってもらえたし。普通、こちらが少なからずお金を出して引き取ってもらうはずが、買い取ってもらえるだけでありがたいです(しかも出張料金なし)。

書斎も去年ガラス戸付き書棚×3に買い替えたので、ボロい部屋でも見違えるようになりました。そして今日、ライティングビューローとリビングボードが到着。今までは単に古い本棚が置いてある使い道のない余り部屋だったんですが、これでようやく「書斎」っぽくなった。

フリーランスになってから家にいる時間が大幅に増えたので、できるだけ居心地の良い空間にしていきたいです。

今まで特に知らされていなかったのですが、マンションの理事になってから、うちのマンション、共有部はだめだけど、自室なら電気会社を変えることができることを知りました。それでネットで調べた結果、ENEOSでんきにすることにしました。原発由来はなるべく避けたいのですが、今の時点ではどこも明示されていないようです。原発が使われていない可能性が高いか、比率が低い会社を選ぶ決め手となるのは、自前の発電所があるかどうかだそう。ENEOSは自前の発電所が多数あるし、電気代も東電より安くなりそうなので、ENEOSに決めました。東電だと、これからも廃炉の後始末の分を勝手に電気代に上乗せされ、高くなる一方だろうし、ろくでもない企業だと思うので、離脱できて本当にうれしいです。

あ、ところで去年からツイッター始めました。https://twitter.com/translator45

お暇だったら見てねw

2017年明けましておめでとうございます

今年は穏やかな年になりますように。

去年末からおとといまで大風邪でダウンしていました。年末に寝込むなんて珍しいのですが、色々と詰め込みすぎたのがいけなかったのでせうか。私って繊細だからw こんな時に役だったのが、去年の5月に大風邪をひいて処方してもらった解熱剤と吐き気止め。解熱剤を服用すると驚くほど体が楽になるのですが、遅い午後になるとまたぶり返してきて…というサイクルで、結局3日連続服用しました。こういうと変な話だけど、去年の5月、大きな風邪ひいといてよかったですよ。残りの薬がなかったらまだ寝込んでいたかも。。。

そんなわけで今日ようやく初詣にいってきました。そしておみくじ「凶」を引いてきました。まったく、なんということでしょう…。母が亡くなった年は確か「大凶」を引いたので、今年は「大」じゃないだけ少しまし。と思いたい。

ありがたいことに、仕事は詰まっている状態です。今年も勉強がんばります。乗馬は結局、フェードアウトしそうなのですが、今日、「ホースフレンド」という馬と人のドキュメンタリーを観ていたら、「馬を続ける事」というメッセージのようなものが…。とりあえず、気楽な趣味として始めてみようかな。

去年、ケーブルテレビで「大草原の小さな家」を観た(なつかしい!)のをきっかけに、ローラ・インガルス・ワイルダー著の大草原の小さな家シリーズ(書籍)を読み始めました。昔の人は、何もない大草原に丸太で家を建てたり、井戸を掘ったり、工具を作ったりとその生活能力の高さに脱帽です。フローリングは、丸太を半分に切って平らな面を隙間なく埋めていくという方法で、そんな方法でフローリングしていたのかとびっくりです! 1870年代に黒人の医師がいたという事実にも驚き。

« 2016年12月 | トップページ | 2017年4月 »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House