« 切ない話 | トップページ | 2016年「江原啓之 年末特別講演会」(山形) »

ペレット信者離脱と草の種

マーちゃん@文鳥の主食にはもっぱら、「鳥きち横町」というドイツの鳥ショップ(日本人経営)の無農薬セキセイスペシャルブレンド、オーチャードグラス、パキマグリーン、グラスミックスを配合して与えています。ちなみに、日本と違って、海外のシードミックスなのでヒエはありません。

マーちゃんは穀類では白キビをよく食べていますが、あとは不明。オーチャードグラス、パキマグリーン、グラスミックスは「草の種」系で、マーちゃんにはキビ、アワの穀類より、草の種の方が調子良さそうです。なので、割合としては多分穀類と草の種、半々くらいです。セキセイシードミックス自体にも草の種が配合されていますし。

以前はわりとペレットも与えるようにしていたのですが、あまり食いつきも良くないし、自然のものの方が消化によさそうだし、幸せそうだしということでマーちゃんにはペレットはまったく与えていません。ただし、ネクトンのビタミンは使っています。奈々@ヨウム用のペレットはハリソンのトリーツだけです。昔はペレットもたくさんあげていましたが、気が向かないと食べないし、本当にペレットってそんなにいいのかなぁ、色んな添加物も入っているしと疑問に思うこともあって、「ペレット信者」から離脱。

私が神経質なのかもしれないけど、日本でも無農薬シードは売られていますが、放射能汚染後はちょっと不安を感じます。検査で検出ゼロとあっても、基準値自体を引き上げているからゼロという噂もあるし、私は疑い深いので送料は高くてもドイツの救世主に頼っている次第です。鳥たちは飼い主が与えるものしか選べませんものね。

« 切ない話 | トップページ | 2016年「江原啓之 年末特別講演会」(山形) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516803/64278649

この記事へのトラックバック一覧です: ペレット信者離脱と草の種:

« 切ない話 | トップページ | 2016年「江原啓之 年末特別講演会」(山形) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House