« 2015年6月28日 - 2015年7月4日 | トップページ | 2015年7月12日 - 2015年7月18日 »

2015年7月5日 - 2015年7月11日

ニュージーランドで化粧品の動物実験が禁止

以下、ALIVEのニュースレターです(2015/07/09付)。

◆ ALIVE-news ◆ニュージーランドで化粧品の動物実験が禁止┃2015.07.09
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニュージーランドで化粧品の動物実験(完成品と
成分)が禁止されました。

化粧品の動物実験は既にEU28か国、ノルウェー、
イスラエル、インドで禁止され、他にブラジル、
韓国、アメリカ、カナダ、オーストラリア、台湾
等でも禁止に向けた動き(政府の方針や法案提出
など)があります。

海外の化粧品は日本では法律上、化粧品と医薬部
外品(薬用化粧品)に分かれており、どちらの動
物実験も禁止されていません。

日本でも諸外国に倣い、美しさのために生命の犠
牲は要らないことを、厚生労働省や化粧品企業、
国会議員等へ訴えていきましょう。

また、化粧品を入口として、日用品や嗜好品等の
開発のためにも動物実験が行われていること、そ
れらは不要であることを世論や企業へ訴えていき
ましょう。

なお、アライブでは6月に厚生労働省に対して、
薬事申請における動物実験の改善を求める要望書
を提出し、化粧品の動物実験廃止における世界の
動向にも配慮してほしいことを伝えてあります。

厚生労働省へ薬事申請における動物実験の改善に関する要望書を提出
http://www.alive-net.net/animal-experiments/youbou/2015/2015pharmaceutical-application/index.html

本件を伝える記事:
https://www.thedodo.com/cosmetic-testing-ban-new-zealand-1068482258.html

(参考)日用品企業に対する「動物実験に関する現状調査アンケート」調査結果
http://www.alive-net.net/animal-experiments/household_products/index.html

本件についてのブログ:
http://alive-net.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-7d2e.html


以上


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

安保保障関連法案に反対する学者の会(署名)

賛同署名にご協力ください。

http://anti-security-related-bill.jp/

ALIVE: 北里大学獣医学部における牛の無麻酔放血殺

以下、ALIVEのニュースレターです(2015/07/07付)

あまりの残虐さに久々に殺意すら感じました。

***********************

   
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆北里大学獣医学部における牛の無麻酔放血殺┃2015.07.07
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の 1 月に北里大学の関係者とみられる方か
ら、「北里大学獣医学部で牛の病理解剖を行う中
で、症例担当の教授が牛の肉を食べようと提案し、
牛は麻酔なしに放血死させられ、苦しそうに死ん
でいった。解剖中に肉を採取した。」という要旨
の投書を受け、北里大学へ1 月に質問書及び 3 
月に要望書を提出しました。

当会では二度とこのような問題が起こらないよう
に、当会の要望事項に対する大学の対応を含め、
今後も大学の動きを注視していきたいと思います。

質問書と要望書を含む詳細は以下のページをご覧
ください。
http://www.alive-net.net/animal-experiments/youbou/2015/2015kitazato-uni/index.html


以上


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。
***********************************
◎北里大学からのお詫び
https://www.kitasato-u.ac.jp/news/n20150227.html

おすすめアーティスト

土曜日、いつものように仕事をしながら「永六輔その新世界」を聴いていたら、「さとうきび畑」の曲がかかった。最初は日本の年配の女性歌手が歌っているのかなぁと思って聴いていたのだけど、次第に涙が流れてきた。「さとうきび畑」自体、曲と歌詞も素晴らしいが、歌声もこの世ならぬ美しさで心に響いた。歌を聴いて泣くことなど、めったにないことだ。ラジオでは「自らを男性アルト歌手と称している」と紹介していたので、ググってみたら、スラヴァというベラルーシ出身のカウンターテナーであることが分かった。ありがとう、スラヴァ!久々に浄化されました!

早速、CDを買おうと思って、とりあえずAmazonでショッピングカートに入れておいて、しばらくして戻ってみたらもう売り切れ…。あとは中古のみ、ガーン! やっぱり、他にもラジオを聴いて感激した人がいたに違いない。

ちなみに、歌を聴いて泣いたのは、子供の頃「約束」を聴いた時だったと思う。あとは砂漠のような私の心であることよ。

村上誠一郎議員「戦地へ行くのは安倍さんではない。若者が行く」

村上誠一郎議員「戦地へ行くのは安倍さんではない。若者が行く」

http://www.jprime.jp/tv_net/nippon/14995/

志位和夫が激白「このままでは殺し、殺される日本に変えられる」

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/jprime-20150704-14996/1.htm

放射能汚染は東京が全国第3位(H25 7月データ)

以下転載

***************************************************

日本で唯一の「環境金融」の内外情報サイト

原発 » 東京の放射能汚染は、全都道府県で3番目の高さ。政府調査でも明確に(FGW)
東京の放射能汚染は、全都道府県で3番目の高さ。政府調査でも明確に(FGW)
9月 7th, 2013 | 東京の放射能汚染は、全都道府県で3番目の高さ。政府調査でも明確に(FGW) はコメントを受け付けていません。
東京のオリンピック開催候補で、安倍首相、猪瀬都知事らが、「東京の放射能レベルはNY,ロンドンと変わらない」「(福島と)東京は違う」などと、東京の放射能レベルに全く問題がないとの発言を繰り返しているが、先にも指摘したように、政府のモニタリング調査(7月、月間放射能物質降下量)では、福島、茨城に続いて全都道府県で3番目の高さを示している。

データは、文部科学省が実施しているサンプリング調査。東京都の7月中の放射能物質降下量は、1平方㎞当たり6.6Mベクレルだった。都道府県のうち半数以上が「不検出」だったにもかかわらず、東京は毎月、かなりの高いレベルを検出している。 この水準が健康影響を及ぼすものではないが、他県に比べて相対的に高いことは明瞭だ。

東京都への放射能の月間降下物が比較的高い値を示しているのは、東電福島原発からの放射能漏えいが、汚染水による海洋流出だけでなく、事故原発から依然、大気中への放射能拡散が続いている可能性を示している。

文科省の7月の放射性物質月間降下量のデータでは、福島県(双葉郡)が、379Mべクレル(セシウム134と同137の合計値)で群を抜いて高い。二番目は福島県に隣接する茨城県で11.4Mベクレル。次いで東京都(新宿)が6.6Mベクレルとなっている。

関東地方は比較的、測定結果が高いが、栃木(宇都宮)が3.2Mベクレル、群馬(前橋)2.64Mベクレル、千葉(市原)2.52Mベクレル、神奈川(茅ヶ崎)1.93Mベクレルと、いずれも東京都の半分以下の水準となっている。関西以降では「不検出」の県が大半だ。

http://radioactivity.nsr.go.jp/ja/contents/9000/8041/24/195_Jul_0830_0905.pdf

« 2015年6月28日 - 2015年7月4日 | トップページ | 2015年7月12日 - 2015年7月18日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House