« 2015年4月19日 - 2015年4月25日 | トップページ | 2015年5月3日 - 2015年5月9日 »

2015年4月26日 - 2015年5月2日

さっすが、ジュリー!!

「こっちの水苦いぞ」すんごい反原発ソング!こういうのは若いもんにやってもらいたいけど、今の若いのはゆとりで思考力と感性フラットか。。。

https://www.youtube.com/watch?v=WptdMwAAj4Q

アメリカの一大企業を動かしたのは「ぼくた​ち」です

以下、グリーンピースのニュースレターです(2015/04/28)。

みなさん、「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」、みなさん署名完了してもらえましたか?            
グリーンピース・ジャパン、食と農業チーム”bee my friend”チームのビースケです♪          

            4月上旬にネオニコ系農薬の新規登録を禁止したアメリカから、またまた明るいニュースが舞い込んできましたね!アメリカ全土に1840店舗を持つ大手ホームセンター、LOWE'S(ロウズ)が、ネオニコ系農薬を使った商品の取り扱いを段階的に減らしていく、と発表したんです!          

          

アメリカでは、ネオニコ系農薬の新規登録が禁止になったけれど、これまでに登録されている農薬は使用し続けることができるという穴があったんだ。でも、今回のロウズの発表は、企業が先に立って市場を引っ張っていく、という、消費者にとってはとてもうれしい事例。            
これは、CSR(企業の社会的責任)のひとつとして明言されたんだけど、お客さんが安心して購入できる商品をお届けしますよ、という、お店と消費者との約束ともいえることだよね。          

さらに、ホームセンターならではの提案として、自然と調和した園芸や農業をお客さんにおすすめし、パンフレットや商品の表示でスタッフやお客さんに正しい情報を届けていく、という取り組みもしていくそう。毎日の買い物によって、ネオニコ問題への関心を高めて、商品を通してネオニコフリーを広められるという、商品を提供している企業だからこそできることだよね。          

ミツバチの恵みに支えられ、安全な食事で子どもたちを育てることがあたりまえの社会にするためには、大量の合成化学農薬に頼る農業から、自然と調和した農業へと転換することが、ただひとつの解決の道。政府、企業、そして消費者が同じ方向をめざせそうなこの事例は、日本もぜひマネしたいですよね。          

 

といってもぼくたちは、アメリカの政府や企業を賛美しているわけではないんです。実は政府やロウズには、現地アメリカの市民団体が働きかけを行っていて、今回の発表はその市民の影響もあって決まったこと。ロウズを動かしたのは、市民の力だったんです!それは、食と農業の安全を求めて声を上げている、ぼくたち、わたしたち一人ひとりの力です。          

            一方、法規制をするどころか、残留基準の引き上げすらしようとしている、この流れからまったく逆走状態の日本。それでも、日本だって同じように、市民であるぼくたちができることはあります。            
健康や食の安全を守るのは、政府だけじゃない。ぼくたち国民に選ばれる国会議員も、法律を整備する大事な役割を担っているんだ。そして、国会議員のみなさんが耳を傾けるのは、ぼくたち一人ひとりの声。だから、早急に対策が始まるよう国会議員に働きかけをはじめたのが「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」なんだ。            
まだ署名をしていないみなさん、ぜひ、「子ども・ミツバチ保護法を求める署名」にご参加ください!ぼくたちの力で、ネオニコフリーの社会を実現しましょう。よろしくお願いします!ペコッ          

          

参考:ロウズCSR報告書            

                    今週はここまで。                     
また次回の「ハチの日」を楽しみにしていてくださいね。                     
こうご期待♪                  

ビースケ                  

                  

 

[ ネオニコ問題 もっと知りたい方はこちらから ]                  

・ウェブサイトでサクッと見てみる:ミツバチと人にまつわる関係を知る(スマホからも見れます)                  

・Youtubeでとりあえずサクッと見てみる:ミツバチが消えている? 世界中で起きている異変を徹底解明!」                  

・bee my friend マスコットキャラクター:ビースケ                  

                    ・同じ想いの仲間から情報を得る:Facebookグループ bee my friend                  

・リーフレットでミツバチと農薬の問題を知る:bee my friendリーフレット                  

                    ・メルマガでタイムリーな情報を知る:bee Magazine(ビーマガジン)                  

・友だちや家族にシェアする:グリーンピースのFacebookページTwitterPinterest                  

 

 

緑豊かで平和な社会をまもるグリーンピースの環境保護活動は、独立・中立を維持するため、政府や企業からの支援を受けず、すべて市民個人の皆さまのご寄付のみに支えられています。                     

是非サポーターになって、グリーンピースの活動を支えてください。                     

                     

          

          

このメールマガジンの情報をお友だちやご家族など周りの方に広めてください。            
ご登録はこちらから
          

※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。            
お問い合わせはこちらから

« 2015年4月19日 - 2015年4月25日 | トップページ | 2015年5月3日 - 2015年5月9日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House