« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月19日 - 2015年4月25日 »

2015年4月5日 - 2015年4月11日

瞬間芸?!

毎年桜の開花時期が早まっており、しかも悪天候ですぐに散ってしまう。昔は4月の入学式が桜の咲く時期と一致していたのにねぇ。ラジオ「森本毅郎・スタンバイ」(http://www.tbs.co.jp/radio/stand-by/)で毎週水曜日に気象予報士の森田さんが出てくるのだが、いつも森本さんに「ちっとも当たらない」とか「今年の夏は冷夏じゃなかったっけ?」とかコテンパンに言われて笑ってしまう。先日も桜の話が話題になって、森本さんが「最近はぱっと咲いて、ぱっと散る。まるで瞬間芸!」と言っていたのがおかしかった。

我が家の桜は昨日開花しました。

2015040901


2015040902


ついで

Dscn0135

【新署名スタート】世界の流れに逆走する日本で、ハチと子どもを守る法律を!

以下グリーンピースのニュースレターです(2015/04/08)。

         


先週末、ビッグニュースが舞い込んできました! EUに続き、米国でミツバチ大量死の要因と指摘されているネオニコチノイド系農薬の新規登録が一時的に禁止になったのです。          

いま確実に、有害な農薬の使用を抑える大きな波が世界中で起こっていますが、残念なことに、日本はその流れに反してこの農薬の規制を緩和する方向に動いています。          

しかし、その流れは、わたしたち市民の力で変えることができるのです。          

今年度、グリーンピース・ジャパンでは、安全な食や子ども達の健康、そして受粉で食を支えてくれるミツバチを守る法律を作るためのアクションを行います。          
具体的には、農薬の使用規制と有機農業など生態系に調和した農業の支援を求めるルールを導入するという、新しいチャレンジです。          


農薬の使用が前提となっている現状          

先日、グリーンピースは「ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と、残留基準の規制緩和反対を求める署名」を提出しました。その際、農水省・厚労省との交渉の場で、政府の農薬使用に対する考えの甘さがあらためて浮き彫りになりました。          

農水省は、メーカーから農薬の使用量や使用範囲を増やしたい、と言われたとき、農薬が本当に必要か否か、チェックしていませんでした。          
そして、厚労省は、”調査に基づいて適切な使用量・残留を決めているから”、口にする農薬をこれ以上少なくするべきだとは考えていないそうです。          

両者の主張は「プロセスに基づいて」「ルールに基づいて」農薬の使用範囲を決めているから問題ない、というもの。でももしそうなら、法律自体がおかしいか、法律を正しく運用できていない、ということです。          


今こそ、市民の力で新しいルールを作る時          

これまで、グリーンピースは農薬問題に関心を持つ市民のみなさんから、累計20,000筆以上の署名をいただきました。メディアでも、ネオニコ系農薬について報道されはじめており、市民の関心は高まっています。          

現在、農水省はミツバチへの被害の調査を行っていますが、使用規制をしていないので、被害は続いています。          
子どもたちが口にする農薬をできるだけ減らそうという政策がない状態では、安全は保証されません。          
大人も無関係ではないのです。          
ミツバチは、毎日花粉を運ぶことで農作物の実りの約1/3を支えています。そのミツバチがいなくなれば、食料の供給自体が不安定になりかねません。          

これまで以上に多くの声を合わせて、一日でも早く日本でミツバチと子どもたち、そしてみんなの食の安全を守る法律を施行させる必要があります。          

>食卓の未来を守るため、今すぐ署名にご参加ください。          

また、お友達やご家族にも、ぜひ、この問題への関心を広めてください。          

         
 

facebookでシェアする          

           

twitterでリツイートする          

          

 

※このメールマガジンの情報をお友だちやご家族など周りの方に広めてください。          
ご登録はこちらから
          
          
※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。          
お問い合わせはこちらから
          

もうすぐ選挙 あなたにできることをいますぐチェック

以下、グリーンピースのニュースレターです。 

 

[201544日発行] ※画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。  

 

 

 
               
   

   
 

 

 
               
   

   
 

 

 
 

こんにちは。
 
今日は皆既月食。晴れていれば日本全国で、715分ごろから2245分ごろの間、月食を見ることができますよ。
 
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。

 

 

 
                       
   

   
   

   
   

   
 
 
 
               
   

   

もうすぐ選挙 あなたにできることをいますぐチェック    

   

412日と26日に投票日を迎える統一地方選挙。
   
今回の選挙では、北海道・神奈川・福井・三重・奈良・鳥取・島根・徳島・福岡・大分の知事と、岩手・宮城・福島・茨城・東京・沖縄を除く41道府県議会の2284議席。
   
札幌市・相模原市・静岡市・浜松市・広島市の政令指定都市5都市の市長、仙台市・静岡市・北九州市を除く政令指定都市17市議会の1022議席。
   
それから政令指定都市以外の89都市で市長選が、市議選が295議会の6876議席、東京都11区の区長、東京都区議21議会の817議席、122町村で村長が、373村議会の4279議席で村議が改選されます。
   
この2日の投票で1000件近い選挙が、日本中で行われるのです。
   
皆さまのお住まいの地域ではいかがですか。
   
   
再稼働に揺れる原発の立地自治体では、今回の選挙結果が再稼働の地元合意に大きく影響することが予想されていますが、原発の問題は立地自治体や近隣地域だけの問題ではありません。
   
日本全国すべての都道府県が、過酷事故時の避難指定対象となる地域に含まれているのです。
   
   
一日も早く原発のない社会を実現するために。
   
まずは投票に行くこと。周りの方々と選挙のお話をすること。
   
候補者に、原発についてどういう考えをもっているか尋ねること。
   
   
原発を動かしたくないあなたに、この選挙でできることがあります。

   
 

 

               
   

   
 

 

 
               
   

   
 
 
 
               
   

   
 

 

                           
   

■いのちの海とサンゴ礁を守れ─日本政府は沖縄の民意に耳を傾け、作業の中止を

   

作業停止を求める翁長沖縄県知事と、あくまで作業続行を主張する政府との緊張が高まる辺野古米軍基地建設問題。
   
グリーンピースは生物多様性に富む辺野古・大浦湾の保護を求め、31NGOとともに緊急声明を発表しました。

   
   

   
 

 

               
   

辺野古の海をまもる署名はこちら。

   
 

 

                                       
   

   


   
   

   
   

辺野古での抗議活動に参加するボランティアに交通費の一部を支援する活動も実施中。

   
   

   
 

 

               
   

   
 

 

               
   

■川内原発差止裁判の論点

   

グリーンピースも、証拠提出に協力した九州電力・川内原発(鹿児島県)再稼働差し止め仮処分裁判の司法判断が下されます。論点をまとめたブリーフィングペーパーをチェックしてください。

   
 

 

               
   

   
 

 

               
   

   
 

 

               
   

■ネオニコチノイド系農薬の使用禁止と残留基準の規制緩和の撤回を求める署名、提出しました。

   

9,235筆ものご賛同、ありがとうございました。提出時の農水省との意見交換の模様をブログでどうぞ。

   
 

 

               
   

   
 

 

               
                        
      

      
   
   
   
                               
      

      
      

      
   

 

                        
      

■このメールをお友達とシェアできます。

      

こちらからグリーンピースのメルマガを購読できます。

      

■グリーンピースは個人の皆様の寄付で運営されています。

      

■お問い合わせはこちらから>>

      


      
      

      

※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。

      
   
 

 

               
   

   
 

 

                   
   

[発行元] 一般社団法人 グリーンピース・ジャパン

   

160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F

   

TEL: 03-5338-9810 FAX: 03-5338-9817

   

www.greenpeace.org/japan

   
   

メール配信の解除を希望される方は
    こちら
から登録解除をしてください。    

   
 

 

               
   

   
 

 

« 2015年3月29日 - 2015年4月4日 | トップページ | 2015年4月19日 - 2015年4月25日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House