« 2014年11月2日 - 2014年11月8日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »

2014年11月9日 - 2014年11月15日

福島放射線調査 もし、自分の故郷に二度と戻れなくなったら

以下、グリーンピースのニュースレターです。

[2014年11月15日発行] ※画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。

こんにちは。
そろそろおでんや鍋料理の恋しい季節。日が落ちるのがぐっと早くなってきましたね。
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。

   

福島放射線調査 もし、自分の故郷に二度と戻れなくなったら

10月24日~27日、グリーンピースは福島県福島市、飯舘村、田村市都路地区、川内村で空間放射線調査を実施しました。

このエリアでは政府の大規模な除染作業が行われ、既に避難指示が解除された地域もあります。今回の調査では、この除染作業にどの程度の効果があったのか、ほんとうに生活の安全は守られているのかを調査し、今後どのような対応策が必要なのかを提言しました。

いまも全域が避難区域のままとなっている飯舘村では、放射線量は依然として非常に高く、道路にも田畑にも草が生い茂っていました。3年以上もの間、使われていない家や店は傷みが進み、いたるところに除染で発生した放射性廃棄物の袋が積み上げられて、美しかった田園の集落は見る影もありませんでした。
ここに住んでいた方々は、いつ自分たちの故郷に安心して帰り、もとの生活に戻れるのでしょうか。

しかし、政府と各電力会社は原発再稼働を急ぎ、同じ過ちを繰り返そうとしています。

「もし、自分の故郷に二度と戻れなくなったら」

今こそ、一人一人が福島の現状に想いを寄せ、自分の身にも起きる可能性のあることとして、考えなければいけない時期がやってきています。
原発事故が起きてしまったら、お金による保証で解決できる問題はなにもありません。お金によって、自分たちの故郷を取り戻すことはできません。

ウェブサイトで詳しい調査結果をご覧ください。


■緊急声明:川内原発再稼働・民意無視の鹿児島県知事・県議会の「地元同意」に抗議する

11月7日、鹿児島県議会は川内原発再稼働賛成の陳情を可決し、伊藤知事も再稼働に同意を表明、同日、グリーンピースは下記の市民団体とともに緊急声明を発表しました。
反原発・かごしまネット/避難計画を考える緊急署名の会(いちき串木野市)/原発避難計画を考える水俣の会/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会/グリーン・アクション/福島老朽原発を考える会/FoE Japan/原子力規制を監視する市民の会

 

■集団的自衛権、東京都への陳情書賛同署名、提出

10月1日にグリーンピースが東京都に提出した「集団的自衛権の行使を容認する閣議決定の見直し」を求める陳情書の賛同署名792筆を、11月12日に、東京都へ届けました。
ご署名、拡散にご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

■新年の支度といっしょに環境保護はいかが?

空間の彩りに、仕事場や勉強机の癒しアイテムとして、また季節のご挨拶やプレゼントにも最適の卓上カレンダー。収益金はグリーンピースの環境保護活動に活用されます。

 


■このメールをお友達とシェアできます。

こちらからグリーンピースのメルマガを購読できます。

■グリーンピースは個人の皆様の寄付で運営されています。

■お問い合わせはこちらから>>


※このメールは配信専用アドレスからお送りしているため、このアドレスにメールをお送りいただいてもお答えすることが出来ません。

閲覧環境によって今週号のメール画面が読みにくく見える場合がございます。こちらからご覧ください。

[発行元] 一般社団法人 グリーンピース・ジャパン

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-13-11 NFビル2F

TEL: 03-5338-9810  FAX: 03-5338-9817

www.greenpeace.org/japan

メール配信の解除を希望される方は
こちらから登録解除をしてください。

ドライブ

今日はふと思い立って、小中高と過ごした船橋へドライブした。なんだか無性に子供時代を過ごした場所を見たくなったのよねぇ。社宅があった場所やその近辺を○十年ぶりに散歩したのだが、何もかもがすっかり様変わりしていて道に迷いそうになった(苦笑)。社宅はとうの昔になく、アパートになっていたし、広いグラウンドがあった場所は大型スーパーと住宅に変わっていた。子供時代の面影はすっかり失われていたけれど、まぁ、こんなもんでしょ。うれしかったのは道自体はまるで骨格のように残っていたこと。そして主な目的地、行田公園へ散歩。行田公園は昔はもっとあっさりしていたのに、若木だったのがすっかり成長して、森のオアシスみたいになっていました。中学時代は毎年冬になるとマラソン練習と大会のコースになっていたっけ。今でも、おじさん、おばさん、若者がちらほら走っていました。この公園のために、また船橋に引っ越してもいいくらいだなぁ。残念ながら今住んでいるところは散歩コースにあまり恵まれていない。

と、ここまでは良かったのですが、帰り道、大きい道路を右折するときに、左右2車線ずつだったのに、それを認識せず、右2車線の左側に入り込むという失敗をやらかしてしまった! 幸い車が来ていなかったので、Uターンしたのですが、たまたま運悪く白バイが通りかかって「ちょっと、ちょっと」と呼び止められてしまいました。免許証を見せて、色々聞かれた(そんなに怪しげなオバサンに見えたんでしょうか)けど、切符を切られることなく、「気をつけてね」と解放してくれました。昨日はちょっとヘビーな事故現場に遭遇するし、ますます気を引き締めて運転しないと!

行田公園の写真です。この時期に桜らしい花が咲いていました。今日は実に清々しい秋晴れで、気持ち良かったです。

Gyodakouen20141113_1_2

Gyodakouen20141113_2


Gyodakouen20141113_3

日用品企業に対する動物実験アンケート

以下ALIVEのニュースレターです。

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ ALIVE-news ◆日用品企業に対する動物実験アンケート<2014年10月追加>┃2014.11.10
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年から調査を行っている、日用品企業に対する
「動物実験に関する現状調査アンケート」
http://www.alive-net.net/animal-experiments/household_products/index.html
の調査結果に以下の製造販売企業を追加しました。

○ペットフード
http://www.alive-net.net/animal-experiments/household_products/pet-food.html

○家庭用防除剤(殺虫剤、防虫剤、忌避剤、誘引
剤、殺鼠剤等)、園芸用品(肥料、除草剤、植物
活力剤等)、その他(除菌剤、防カビ剤、消臭剤、
芳香剤等)
http://www.alive-net.net/animal-experiments/household_products/biocide_and_garden-supplies.html

引き続き企業へ要望、問い合わせを行っていただ
けましたら幸いです。

« 2014年11月2日 - 2014年11月8日 | トップページ | 2014年11月16日 - 2014年11月22日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House