« 2014年7月13日 - 2014年7月19日 | トップページ | 2014年8月3日 - 2014年8月9日 »

2014年7月27日 - 2014年8月2日

インドネシアの森林消失、アマゾンを抜いて世界一位に‏

以下、グリーンピースのニュースレターです。

[2014年8月2日発行] ※画像が表示されない場合はこちらからご覧ください。

こんにちは。
毎日暑くてとろけそうですね。明日8月3日は「はちみつの日」だそうです。
皆さまにはいつもグリーンピースの活動を応援してくださり、ありがとうございます。

   

インドネシアの森林消失、アマゾンを抜いて世界一位に

アイスクリームやポテトチップス、カレーなどの食品だけでなく、歯磨きやシャンプーやせっけんなど、誰もが毎日手にする日用品に使われるパーム油製品。
オフィスや学校で消費されるコピー用紙や世界中の消費財の商品パッケージに使用されるパルプ。そして材木。
こうした私たちの生活に必要なものを生産するために、インドネシアの森林が恐ろしいスピードで伐採され続けています。

最近の科学的研究では「インドネシアの森林は、アマゾンを抜いて現在、世界一の速さで失われている」とされ、これは政府の森林保護政策の失敗を意味しています。
政府に頼りきれないなら、原料を購入する側の企業が自ら、パーム油や紙、材木の調達方針を見直し、森林破壊による製品を購入しないことで、社会的責任を果たす必要があります。

私たちがいま行動すれば、貴重な森林資源をまもり、スマトラトラやオランウータンをはじめとする多様な生きものをまもることができます。

企業はわたしたち消費者の声で変わります。
一人でも多くの人々が声を上げれば、世界を変える大きな力となります。

オンライン署名『タイガー・マニフェスト』に参加して、より多くの企業に「森林破壊ゼロ」を訴えてください。
既にご参加くださった方は、是非ご家族やお友だちなど周りの方々に共有してください。

 

■映画「逃げ遅れる人々 東日本大震災と障害者」

障害を持った方々にとって、自然災害だけでも避難はたいへんなこと。東日本大震災では放射能からも逃げなければなりませんでした。
このドキュメンタリーをたくさんの方々に見ていただきたいと思い、上映会とパブコメ説明会を開催することにしました。

 

■グリーンピースで働きませんか

グリーンピースは、地球規模の環境問題に取り組む国際環境NGOです。
現在いっしょに社会を変える仲間を募集中です。
気候変動/エネルギー担当 高田久代からのメッセージを動画でお聞き下さい。

 

■北極の環境破壊に子どもたちのレゴを利用しないで

夏休み、子どもたちが大好きなおもちゃの広告をよく目にする季節。
北極で石油採掘事業を行うシェル社がレゴのイメージを利用することに反対する動画が世界中で反響を呼んでいます。
公開1ヶ月足らずで500万回以上再生された動画をチェックしてください。同じページで署名にも参加できます(※英語)。

 


■このメールをお友達とシェアできます。

こちらからグリーンピースのメルマガを購読できます。

■グリーンピースは個人の皆様の寄付で運営されています。

■お問い合わせはこちらから>>

奈々その後

日曜日、35度の炎天下の中、鳥の病院に行ってきました。食べられるので特に大きな問題はなさそうですが、くちばし先端部分がやや伸びているので、微調整してもらいました。鳥の先生ってすごいなー、爪切りのような道具で少しずつくちばしを調整していく。しかも、あんなに破壊力のあるくちばしなのに。今度は、ペットホテルに預けに行くときに、マーちゃんも一緒に健康診断してもらいます。

早いもので7月ももうすぐ終わり。今年は冷夏を期待していたのに、またしても34、5度の夏ですねー。。。死ぬまで毎年こんな猛暑なんだろうか。

世間では恐ろしいニュースが続いています。イスラエルのガザ攻撃には腹が立ちます。パレスチナの人にしてみればイスラエルには憎しみしか感じないだろう。イスラエルの振る舞いを見ていると、パレスチナ人にとってまさに「庇を貸して母屋を取られる」の状況だろうなと思う。イスラエルはただでさえ、人の土地を分捕っていさせてもらっているんだから、もっと謙虚にふるまえば?と思う。「盗人猛々しい」とはこのことだ。

民間機の撃墜の隠ぺい工作、ロシアの北極軍事強化といったニュースを見聞きすると、本当にげんなりして、嫌気がさす。あー、もう勝手に地球が滅びるまで好きに欲と蛮行の限りを尽くせばいい。「風と共に去りぬ」でレット・バトラーがスカーレットを捨てる時に、「君のブルドッグみたいに自分のほしい物にがつがつと食い下がる執拗さにうんざりなんだ」ってなことを言いますが、そんな気分です。

先週の日、月は「福祉有償運送運転講習会」に出て、○十年ぶりに「修了証書」というものをいただいた。ボランティアの人が障害者や病人を車で病院などに送迎するには、この資格が必要なので、これで晴れて送迎できるようになる。印象に残っているのが、狭い抜け道なんかは走るべきではないという話。万一、具合が悪くなって救急車を呼ぶ事態になったときに、救急車が入りにくいような道だと困るから。それから、コンビニなどトイレに立ち寄ったり、救急車の目印になるような場所を道々把握しておく。

実技では、運転手役と利用者役にわかれて実際に福祉車両を運転するのだが、私は一時停止で赤点をもらいました。。一時停止しているつもりでも、単に速度を落としているだけでしっかりブレーキを踏んでいない。確かにそうなので、反省です。

追記:民間機爆撃事件では、ロシアはアメリカのねつ造だと言っていますが、それも否定しきれないなと思った。新たな火種を作るために武器商人・企業が画策しているのかもしれない。911の事件も、戦争の口実のために仕掛けたって話を聞いたことがある。アメリカは、原爆、ベトナムの枯葉剤等など、悪魔じみたことでも何でもやるからな。

« 2014年7月13日 - 2014年7月19日 | トップページ | 2014年8月3日 - 2014年8月9日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House