« 2013年12月29日 - 2014年1月4日 | トップページ | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »

2014年1月5日 - 2014年1月11日

クラシック音楽

去年最後にiTunesから買ったのは「Inspector Morse」のテーマ曲とヘレン・メリルの"You'd be so nice to come home"。ヘレン・メリルの歌声は、大人の女の魅力たっぷりで渋いです。多分、ベルベットのような声という形容がぴったり。曲自体も最高。イギリスのミステリードラマ「モース警部」でかかっていたバッハの曲が忘れられず、iTunesで当たりを付けて探したら、「無伴奏チェロ組曲」の一曲であることが判明しました。バッハっていい曲書いてるんだね…。今までビジュアル的に無視して損した。で、発作的に「無伴奏チェロ組曲」を入手しました。それから、高本一郎さんの「リュート 天使のアリア風の舞曲」(「イタリアーナ」収録)と「シャコンヌ・オリエンターレ」も購入。前者は入手できると思っていなかったのでラッキー。少なくともAmazonでは買えません。ようやく「イタリアーナ」を好きなだけ聴けるようになりました。早速、北側の洋室に放置してあったCDコンボをリビングの横の新洋室に持ってきて、クラシックを聴く日々です。仕事をしながら午後1時まではラジオ「大沢悠里のゆうゆうワイド」を聴き、昼食後は音楽を流しています。なんて、心満たされる環境であることよ。

高校生の頃まで読んでた「ミュージックライフ」によく、「20代、30代になるとロックを聴かなくなるのは残念」みたいなことが書かれてあったが、ロックは嫌いじゃないけど90年代半ば以降は特筆すべきものはないような気がするな。私が知らないだけかもしれないけど。80年代が華だったと思います。

4月からついにXPのサポートが終了してしまうので、新しいPCを買わなくてはならないのですが、予算が厳しい。仕事でストレスなく使えるのを買おうと思ったらやっぱり26、7万はする。日本のメーカーは全部Windows 8のOSだけなので、やはり外資のEpsonにするか…。デスクトップの17型にしようかな。

« 2013年12月29日 - 2014年1月4日 | トップページ | 2014年1月12日 - 2014年1月18日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House