« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年5月4日 - 2014年5月10日 »

2014年4月20日 - 2014年4月26日

本当にリベラル?

ジョディ・フォスターが同性婚をしたというニュースが飛び込んできまし。結婚できてよかったねと思うし、同性愛者を侮蔑したり、危害を加えたりといったことは全然する気もないし、したくもないが、世間の同性愛者に対する寛大さって「同性愛者に偏見を抱かない、むしろ普通に接することができるリベラルな自分」に酔っている部分がないだろうか、とも思うわけです。

私は同性愛者に対して何の偏見もないし、彼らの好きなように生きてもらってノープロブレムと思う反面、もし自分が同性愛者だったら、まず間違いなく自分を呪い、嫌悪していただろうと思う。それって本当にリベラル? 偏見がないと言いつつ、自分を嫌悪するなんて自分に対するものすごい偏見ではないだろうか。だから私は自分をリベラルとは言い切れません、残念だけど。

世の中、本当に変な方向に進んでいると思わざるを得ない。どんどん、権力者と金持ちの都合のいい方に進み、彼らにとって好都合なことに、庶民の痴呆化が加速している。陰謀説というとトンデモ系とみなされているが、その中にキラリと光るものもある。アメリカの大企業P&Gの御曹司が出している「Thrive」というDVDを見てください。この世のからくりがよくわかるから。

今年のリフォーム

今朝の毒蝮三太夫さんの訪問先は埼玉県蕨市でした。この蕨(わらび)という漢字、恥ずかしながら今まで読み方がわからなかったのですが、「わらび市」と言われた途端に頭の中で「蕨」と一致した。これはいったいどういうことなのだろう。「蕨市」という字を読んでも「わらびし」だとわからないのに、ラジオで言われた途端に「蕨」が直感的に浮かぶというのは。本当は脳内のどこかに「蕨」=「わらび」とインプットされていて、それが何らかの理由でつながったのだろうか。脳って不可思議。

来月は思ったより売り上げが上がりそうなので、いっそのこと、6月になる前に洗面所とトイレだけでもリフォームしてしまおうかと検討中。当初、洗面台はそのまま使おうかと思っていましたが、数年前に奈々にかじられた土台部分の一部が茶色く変色してしまっているので、この機会に取り替えてしまおうかと思います。洗面所やトイレって個人的にあまりテンションが上がらないのですが、それなりにワクワクするものですね。ちなみに浴室は来年か再来年かな。資金的に。

Machan20140421

Nana20140421

« 2014年4月13日 - 2014年4月19日 | トップページ | 2014年5月4日 - 2014年5月10日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House