« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2014年3月9日 - 2014年3月15日

ネオニコ残留農薬の規制緩和反対のパブコメ(リンク)

この農薬がいかに危険かを訴えるパブコメのリンクです。農水省はやっぱり脳衰症だとつくづく恐ろしくなる。。

http://www.greenpeace.org/japan/Global/japan/pdf/20140306_public_comment.pdf

ネオニコ残留基準緩和はどうなった? 政府交渉ご報告‏

作物の受粉に不可欠なミツバチを殺すだけでなく、子供の脳や神経にまでダメージを及ぼすネオニコ農薬の規制緩和をしようとしている農水省に規制緩和反対への署名がグリーンピースにより提出されました。この裏にあるのは住友系農薬メーカーだそうです。以下、3/15付のグリーンピースのニュースレターです。

******************

   

緊急オンライン署名「ネオニコチノイド系農薬クロチアニジンの残留基準を緩和しないで」にご協力くださった皆さまにご報告です。          


          

このたびは1月~2月の4週間という短い募集期間にもかかわらず、12,739筆ものご賛同とメッセージをお寄せくださり、ほんとうにありがとうございました。          


          

グリーンピースは3月7日にこの署名とメッセージを農林水産省に提出しました。            
また、この基準緩和に際して厚生労働省が募集したパブリックコメントを情報開示請求によって入手したところ、1,657件中反対意見が1,656件、つまり賛成はたった1件ということもわかりました。            
この写しも、同時に農水省に提出しました。
          


          

同日、残留基準の緩和について農林水産省の手続きや考え方について明確にし、問題を議論するため、グリーンピースは3団体のNGO(ダイオキシン・環境ホルモン対策国民会議、反農薬東京グループ、ネオニコチノイド系農薬中止を求めるネットワーク)とともに交渉も行いました。            
今回の交渉の中で、厚労省ではなくメーカーからの申請を受けた農水省が基準案を作成したことや、基準緩和の根拠となるメーカーの試験データが非公開となっていること、メーカーには基準緩和のための申請手続きがあるのに、消費者側にはないことなどがわかりました。
          


          

交渉の詳しい内容を是非ブログでご確認ください。          

ブログ:ネオニコ残留基準の反対署名を農林水産省にも提出。パブコメ結果は99.94%が基準緩和反対                     
─みんなの声で止め続けよう。
                  

          

 

2月に決定されるといわれていたクロチアニジンの残留基準の発表は、いま、止まっています。            
過去、農薬の残留基準がパブコメ募集の段階まできてとまった例はないそうです。            
今回はパブコメや署名やメッセージなど、市民ひとりひとりの注目や声が力になって、理不尽な残留基準を止めています。
          


          

このまま止め続けるために、そして農薬を使う意味をもう一度、生産者の方と一緒に考えていくために、息長く一緒に活動をつづけましょう。            


            



            

皆さまの名前が本に載る!広告検索ボランティア募集            


            

            

原発事故が起こるまで、「原発は環境にやさしい」「電力の3分の1は原子力」なんてなんとなく思っていた人は多いはず。膨大な原発広告によってそんな嘘がどれだけ浸透していたかを伝える本を出すために、広告検索のボランティアを募集しています。            

場所:国立国会図書館(東京都千代田区永田町)               
時間:日曜を除いた都合の良い日で週6時間以上 (交通費は1回上限2000円まで実費支給)               
期間:2014年3月31日まで               
http://www.greenpeace.org/japan/news/blog/staff/blog/48306/               
               
            

また、皆さまの身の回りで原発広告と思われるもの、原発付近の公共施設などで配布される原発推進パンフレットなどがありましたらご一報ください。               
東北地方では日本原燃のラジオCMが放送されているという情報も寄せられました。               
このようなラジオ・テレビの原発CMを見かけた、録音・録画しているという方もご連絡ください。
            


            

ボランティア申し込み・広告情報提供先               
volunteer@greenpeace.or.jp               
03-5338-9800(宮地・佐藤たいしょう)まで。
            


            

皆さまのご参加をお待ちしております。

ウルトラブック初購入

おととし発売されて以来ずっとほしかったけど、本当に必要かどうかよーく考えてから買おうと思っていた富士通のFloral Kissをついに買ってしまいました。4月の増税前だからではなく、もうしばらくしたら入手できなくなりそうだったからです。富士通ではもう生産していないし、その他の家電ショップでも在庫が少ないようだし。ウルトラブックってことで、いろいろ不便みたいですが、これでボウシインコ本の翻訳を心機一転、復活しようかと考え中です。

前に、エプソンって外資系と書いたけど、日本の企業だったんだ。すいません。デスクトップを買おうと思っていたけど、あと2、3カ月先になりそう。今使っているメインマシンのはHPのノート(Windows 7)で、最近ようやく慣れてきたところです。Floral KissはWindows 8(Office 2011同梱)ですが、7とはまた大きく違う。。あんまり大幅な変更はしないでほしいです。Windowsはどうも、暇なユーザーばかり想定しているのではないでしょうか?

ごくたまにですが、亡き母のためにエルビス・プレスリーのCD(小泉さん選曲のCDね)をかけることがあります。今まで、プレスリーにはまったく興味がなかったのですが、よくよく聞いてみると、ロックンロールというより、アンディ・ウィリアムズみたいなわりとオーソドックスな歌手のような気がします。歌上手だし、声もいいしね。42歳没なのだから、ずいぶん若くして亡くなったんですね。当時、母が弔いのビールを飲んでいたのを思い出します。

「日本の野鳥650」は持っているだけでワクワクする野鳥図鑑です。写真が多くて、きれいで、紙の薄さもいい感じです。ぱらぱらとページをめくって野鳥を眺めるだけで楽しいです。絵画のような鳥と梅の写真とか、フクロウが何羽も並んでとまっている写真とか。、永久保存版。

そうそう、今年はまだ確定申告済んでません。昨日、急いで青色申告会に予約して、明日済ませる予定。。昨夜はまたしても、夜中2時ごろまで青色ソフトに一心不乱で入力してました。毎年思うのだが、これって徹夜ですることかいな。売り上げは予想より多かったのですが、今年はいくら税金をふんだくられるのかと思うと、喜びよりも恐怖の方が勝る。

« 2014年3月2日 - 2014年3月8日 | トップページ | 2014年3月16日 - 2014年3月22日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House