« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2013年9月22日 - 2013年9月28日

深刻な放射能の食物汚染

以下、週刊朝日の「セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度」という記事のリンクです。関東在住者は、毎日放射能食を食べていると考えていいでしょう。かなり深刻です。

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20130925-02/1.htm

医療ミス

18日の午後1時に見舞ったとき、母は今にも死にそうなくらい息が苦しそうだった。それなのに、「まずは血液検査」ということで、検査が、せめて速やかに行われればいいのに、もたもたしていたり、検査漏れでやり直しがあったり。私はだんだん気が気でなくなり、早く呼吸を楽にしてくれないと、死んでしまいそうだと訴えたのだが、看護師は主治医にそのように伝えると言うだけで何もしてくれない。その日、もともと主治医との面談が2時にあり、ようやく面談するも、「苦しそうだけど、数値を見ると、まだ酸素の(ちゃんとした)装置をつけるほど悪くない」ということで、鼻に酸素ボンベの管を付けられたまま、それ以上の処置はされなかった。この日は夕方、鍼灸院に行って色々母のことを相談したかったので、医師の「いますぐどうというほど悪くなっていない」という言葉を信じて、帰ってしまった。あの時、ちゃんと呼吸装置につないでいてくれれば、夜中、看護師が見回った時に既に呼吸が停止していた、なんてことにならずに済んだのに。そう思うと、いくら後悔してもしきれない。完全な医療ミスです、これは。もっと早くに転院していればよかった。

« 2013年9月15日 - 2013年9月21日 | トップページ | 2013年10月6日 - 2013年10月12日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House