« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2013年5月26日 - 2013年6月1日

平和共存その2

母との生活はやはり、退院後の数日間が一番きつく感じられ、徐々に慣れて平常に戻るという具合。今、もっとゲンナリしているのは鳥との生活。特に奈々は、ちょっとトイレに行こうものなら、すぐギャーギャー呼び鳴きするし…。あー、もう、ほんとにイライラする! とにかく、視界から人が消えるとダメなのだ。父がいた頃は、父のおかげでここまでひどく呼び鳴きしなかったのか。それと、3年前まではずっと会社勤めで昼間は家にいなかったから、今のようにずっと一緒にいることもなかったからなぁ。マーちゃんもマーちゃんで、常に私のそばにべったりいたがる。本来喜ぶべきことなのだろうが、うっとうしいと思うときもある。来世は個人主義的な猫を飼おう。私って、人でも動物でも常時一緒に生活するのが耐えられないダメ人間なのかもね~。それとも今は疲れているだけ? 昼間は図書館にいって仕事することを検討中です。

先週の土曜日にリフォーム会社の人に見積もりのために来てもらった。その際、塩ビ系壁紙の分厚いカタログをもらったのだが、パラパラとめくっているうちに臭いが鼻について、やっぱり受け付けない、塩ビはと思った。カタログでこんなに気になるなら、壁中貼られたらどうなるのだ? ネットで調べたら、環境壁紙というのがあることを発見した。今のところ、環境壁紙がわが救世主です。

「ブリッジ」が昨夜最終回を迎えたが、こんな理由でこれほどまでの大げさな事件を起こしたのかってくらい、ばかげた犯行動機。主人公2人の刑事が別れるときに言うセリフは、さすがお二人さん、と思わせるほどカッコ良かったが。ふと、昔、ジョディ・フォスターという女優がいたことを思い出した。同性愛であることをカミングアウトしたらしいが、女優、俳優はカミングアウトしない方がいいじゃないかと思うのだが。別に同性愛者であること自体はまったくどうでもいいことなのだが、たとえば、異性との恋愛関係を演じている時、ただでさえ虚構の世界なのに、余計に「芝居」ってことを意識してしまいそう。

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年6月16日 - 2013年6月22日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House