« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2012年2月26日 - 2012年3月3日

すったもんだの入金

またしてもイギリスのベンダー(の経理)がとんでもないポカをやらかしてくれた。1月末に入金予定の12月請求分が今月にずれ込み、中旬になってようやく1月請求分とまとめて送金してくれたのはいいんだけど、一部はUSD、一部はポンド建てで到着ときたもんだ。全額Yenで送金してほしかったんですけど。。全額USDまたはポンドならまだわかるけど、どこをどうしたら2種類の通貨で来るんでしょうか。喉から手が出るほど金が欲しかったけど、ここで受け取っては円と比べて10万以上の損が出ちゃうんで、涙をのんで全額返金して円で再送金してもらい、昨日ようやく着金いたしました。はぁー、諸々の支払いに間に合ってよかった。27日はクレジットの引き落としとか色々あるからね。しかしこれって、(一応)先進国の会社の経理のすることでしょうか?! ちなみに先方からは詫びの一言もありません。この辺の感覚も理解不能です。もちっとしっかりしなよ、イギリス人!腐っても鯛だろうが。

今月はかなりの大型案件が入ってくれてハッピー。しかし、100%マッチの訳がひどくて、さて、どうしたもんだか。100%箇所はロックがかかっていて手出しできないので、変な用語とか奇妙な「てのをは」の使い方とか修正したくてしょうがないんだけど、あきらめるしかない。最初のうちはコメントファイルにコメントしてたけど、量が多いし、100%マッチの訳を見るとストレスがたまってしょうがないので、ほぼスルーさせてもらうことに決めた。どっちみち100%マッチの箇所は支払い対象外だから、プルーフさんにお任せしましょう。

マーちゃんはチャー君、ちゅんちゃんとはまったく違うタイプの文鳥である。なかなか握り文鳥になってくれないし、カミカミも痛い。チャー君にも、ちゅんちゃんにも、その前のぴっぴちゃん(セキセイではなくて文鳥)にも痛く噛まれた記憶はないし、手を差し出すと皆、磁石が付いているんじゃないかってくらい、手の中にすっぽり収まって甘えて、まさに握り文鳥と化していた。…ちょっと不安な今日この頃です。

Maa_20120222_4

« 2012年2月19日 - 2012年2月25日 | トップページ | 2012年3月11日 - 2012年3月17日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House