« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2012年1月15日 - 2012年1月21日

史上最高の美男子(の一人)

ダルビッシュのテキサスレンジャー入りが決まった。野球はちっとも興味がないが、美男子には興味がある(笑)。ダルビッシュは日本とイランのいいとこどりみたいな稀にみる美しい男だと思う(特に横顔は完璧)。アメリカではさぞおモテになることでしょう。今度はつまんない女にひっかからないように気を付けてね。どうせひっかかるなら、「この女ならしょうがないか」っていうくらいの女にしてほしい。それと、テキサスならやんちゃなダルビッシュ君にぴったり。

今日は初雪。雪が嬉しかったのは若い頃だけで、今は早く止んでほしいだけなのがちょっと悲しいような気がする。20代だったら車の色は絶対アッシュブルーだったと思うけど、パワー不足の今は赤が必要なのかもしれない。このところ、朝起きるのが遅いくせに(夜寝るのが遅いからだろうけど)、昼間も眠くて30分の昼寝のつもりが、2,3時間経っていることがしばしば。特にマーちゃんとお昼寝すると余計に寝つきが良くなるのだ。マーちゃんは自分の意に反することをしたり不安・不満を持ったりすると、ピピピピピピと連続して鳴くのだが、なんか、漫画スヌーピーのウッドストックが何かを訴える時の縦棒の羅列「| | | | | | 」を思い出しておかしくなることがある。|

爬虫類と呼ばれて

奈々はケージにフードカップを入れる時に必ず私の指を噛む(軽くだけど)。理由は不明だ。「なんで噛むの? このわけのわからなさ、やっぱり、アンタは爬虫類だね」と言うと、いつもは奈々をかばう母も無言(笑)。内心では、鳥というより、爬虫類から進化した生き物と思っているのだろう。特に爬虫類(特にワニ)をほうふつさせるのは、目を白黒させる時に一瞬ピッと横線が入る時。

文鳥のマーちゃんはくちばしの黒い部分が消えて桜色になりましたが、現時点ではどんな羽色になるのかわかりません。ケージはちょっと大きめのステンレス製にしました。土台がプラスチックなので軽くて持ち運びが楽。ミラーの付いたお立ち台(?)がお気に入りです。かじりーずのおもちゃも齧ってます。でもハンモックは怖がってだめでした。付属の餌入れは大きすぎるので、ハムスター用の陶器のフードカップを使っています。自然木の止まり木は、色の濃いのは最初怖がっていましたが、現在は慣れてくれました。20120115_2 20120115_3

それにしても驚いた。今日の午後(2時半)に注文したアマゾンの本が今日の夜7時に届いた。5時間足らず。サラ・ウォーターズの「エアーズ家の没落」読後は、その辺のミステリーでは満足できなくなり(ミステリー、サスペンス、文学性がミックスした小説はそんな簡単に見つからない)、評判の高いケイト・モートンの「忘れられた花園」上下、ガイ・バートの「ソフィー」、ウッドハウスの「ジーヴズの事件簿」(こっちはミステリーではなくユーモア小説)を取り寄せてみました。感想は後日。

最近無性に聴きたくなるのは、ベンハーのテーマミュージック。勇猛かつ荘厳。メロディーが秀逸。

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House