« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

2012年1月1日 - 2012年1月7日

H22年度の犬猫処分数:速報値

[ALIVE-news]より転載(2012-1/6)

当会では、毎年、全国の動物行政を所轄する自治体(H22年
度は108自治体)に、犬猫の処分や動物行政全般に関する
アンケート調査を実施しています。
このほど、平成22年度の犬猫の処分数(速報値)を取りまとめ
ましたので、お知らせ致します。
現段階ではまだ精査できておりませんので、今後数字が若干変わる
可能性があります。あくまでも速報値としてご覧下さい。

犬の殺処分数 53,317(前年度65,956) 前年度比12,639匹の減少
猫の殺処分数 158,705(前年度173,300)前年度比14,595匹の減少
合計殺処分数 212,022(前年度239,256)前年度比 27,234匹の減少

犬猫の殺処分数は、毎年、3万匹前後が減少しており、このまま推移し
ていけば、先進的な自治体においては殺処分ゼロも夢ではありません。

数字の確定と、その他の項目の統計や内容の分析、入力等を現在作業中です。
3月中には「全国動物行政アンケート結果報告書(平成22年度版)」として
発行いたしますので、今暫くお待ちください。


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

福島に取り残された家畜の写真展

[ALIVE-news]より転載(2012-1/6)

「家畜おたすけ隊」というところから、以下の案内の通知を頼まれ
ました。情報のみをお知らせいたします。

-------------以下、引用------------------

「福島に取り残された家畜動物たち」写真展
http://ameblo.jp/helpcow/entry-11118223437.html

「福島に取り残された家畜動物たち」写真展を開催いたします。

 日時:2012年1月6日(金)・7(土)
   10:00~18:00(両日とも)
 場所:神奈川県逗子市文化プラザホール・1Fギャラリー

原発事故からずっと、見捨てられたままの動物たち。
町から人が消え、水もえさもなくなった警戒区域。
何も悪くない動物だけが置き去りになりました。
政府とマスコミによって隠された餓死と安楽死の真実。
最期の瞬間まで生きようと頑張った彼らの無念を知ってください。

----------以上-------------


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

2012年になりました

あけましておめでとうございます。

いきなりの地震で年明けとなりました。今年も波乱含み?! 今日は駐車場でうっかり、クラッチのつもりで足踏み式ハンドブレーキを踏むは、バック駐車の時、下がり過ぎて後ろの金網フェンスに当たるはで新年早々何やってるんでしょう、自分。車は幸い傷ひとつなかったけど(フェンスも柔らかかったので無傷)。iPod聞きながらなのがいけなかったかな。やはり、私は音楽聴きながら運転してはいけないタイプなのかもしれませぬ。

今日はささっとお茶漬け、じゃなくて御雑煮こしらえて御開きにしよう。それが理想ですが、昼間なかなか仕事ができない分、夜に食い込みそう。

今年は節約を心がけて、怒りの感情を抑え、乗馬をまじめにやるように努力します。それから、お仕事も品質向上を目指してがんばります。

日本が力強く復興していきますように。

« 2011年12月25日 - 2011年12月31日 | トップページ | 2012年1月8日 - 2012年1月14日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House