« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

2011年12月18日 - 2011年12月24日

あれ、もう大みそかに

早いなー、来週の今頃はもう大みそかか。今年もあっという間に終わりました(過去形の気分)。今年もおせちはスーパーマーケットの品々を個別に買って重箱に詰める。煮物はいちから作る。いや、その前に今日はクリスマスでしたか。今年はケーキも買ってない。何となく、その気にならない。。

福島原発の放射能のことを考えると、どうも、まだまだ何か出てくるんじゃないかって気が…。終息なんて冗談じゃない。放射能はまだとまってないし、汚染が続いているのに。こんな言葉で国民を納得させられるなんて、本気で思っているほど呆けているとは。馬鹿に馬鹿にされて悲しいです。思えば、おととし(だったっけ)の海保の映像を隠そうとした政府の姿勢から、こう一本つながっているような気がするのよね。もみ消し体質というか、臭いものには蓋的ポリシーというか。北朝鮮や中国のことなんか笑える立場じゃないですね。どうしてよりによってこんな時に民主党政権なのかなって思うけど、選んだのは私たち国民(私は入れてないですが)、想定外を想定して選ばなければならなかったのかな、怒りにまかせてテキトーに、いい加減に深く考えないで選びすぎたかな…なんてもう遅いけどそう思います。それにしても大きなツケだけど。

今月は頑張った自分へのご褒美に(今年何度目?)カメオをプレゼント。今回はグリーンのメノウカメオで、女性と馬がモチーフです。これを眺めて、また来年から乗馬のレッスンを再開しようかな。マーちゃん@文鳥には3種類のペレットをプレゼントしよう。どれか気に入ってくれるといいのだが。やっぱり種子が一番おいしいらしい。正直、悩みどころです。一生種子食、栄養は「?」が幸せなのか、ペレットで栄養満点、体はつやぴか、でも死ぬまで宇宙食が幸せなのか。

気になる言葉

ARK会報の表紙に載っていた言葉。

人が「情けに流されてはならない」というときは、すでに何か無慈悲なことをしようとしているのです。そして、「現実的にならなければ」と付け加えたなら、お金儲けを考えているのです。 - ブリジット・ブロフィ

Whenever people say "We mustn't be sentimental", you can take it they are about to do something cruel. And if they add "We must be realistic", they mean they are going to make money out of it. - Brigit Brophy

す、鋭い…。

この数日、近所の買い物に行く時は、マイキューブでドライブしています。我が美しき新車に人々の羨望のまなざしを感じます(オイ)。

北朝鮮の人に同情を禁じ得ない。やっと諸悪の根源が消えたと思ったら、新たな根源が。しかも親父そっくりな顔と体形で(苦笑)。こんなに国民を飢えさせておくのは、反抗する気力や意欲を削ぐためではないかと疑ってしまいます。

マイキューブ

先週の日曜日、ついにキューブが納車されました。さすが、新車、ぴっかぴかsun しかも、カタログで見るよりはるかに美しく深みのあるルミナスレッド。やはり私の目に狂いはなかった。ケータイで写真を撮ったけど、今一な写り。。デジカメはどこかにあるはずだけど操作が面倒で2、3年前から行方不明です。これから、カーナビの操作を覚えるのが大変。老犬は新しい芸を覚えられませんのでね。ちなみに運転はマニュアルよりも断然楽! しかし、車庫入れは思ったよりも楽ではない。幅はサニーと同じだからなぁ。。結局、マーチか軽自動車くらい小型じゃないとそんなに恩恵はないってことか。  20111215a

今日の午後、大きな病院の広い駐車場で練習してきたけど、前進駐車は撃沈。何回やっても大幅にはみ出してしまう。後進より前進の方が難しいかもrain なので、コンビニの狭い駐車場は未だにビビります。情けないぜ。

最近、困ったなと思ったのは韓国の従軍慰安婦の像。どう考えても「大人」のすることではない。いつになったら、感情のおもむくままに暴走する幼児性が改善されるのかな。10世紀かかっても治りそうにないけど。いつまでもネチネチとこんなのに付き合わされる日本は本当にかわいそ。辛~いキムチばかり食べているからかなって個人的には思うのですけど。食べ物って結構、精神に影響するらしいから。国ぐるみで理性が欠けている感じ。

先週母が退院してきて、早速不協和音が生じている。生前、父が甘やかしすぎたせいか、我がままで不平不満の連発で、しかも感謝するってことを知らない。手に負えません。退院までしばらく一人暮らしが続いたけど、まったく苦にならなかった。気の合わない他者(一応親子だけど)と暮らすよりも一人で暮らした方がよほど精神衛生上優れていることがわかってしまったなぁ。ま、こちらの仕事が忙しくて余裕がないってことも大きいのかもしれないけど。

« 2011年12月4日 - 2011年12月10日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House