« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »

2011年11月20日 - 2011年11月26日

マーヤちゃんです

昨日、奈々を迎えに行ったときについに文鳥様を1羽ゲットしましたsun 名前はマーヤちゃんです。たまたま読んでいた雑誌「ラジオ深夜便」の藤村志保さんの女優インタビューに、「デビュー前の演劇経験は高校のときの「みつばちマーヤの冒険」くらい」と書いてあり、「マーヤ」って可愛いし呼びやすくていいかも、と思った次第。たとえば、万一、逃亡したとき、「マーヤ!」なら呼んでいてそれほどおかしくないし(笑)。

111125_105903_2

で、久々に購入するは虫類サーモとペットヒーター(100W)。鳥専門ショップだと、サーモだけで1万円、ペットヒーターは6千円以上。高! もっと安い所はないかなと検索したら、ありました!「テンポイント」(競走馬みたいな名前だ)なら、サーモ5500円、ペットヒーター2980円、しめて8480円で購入可能!ちなみにヤフーショッピングを利用しました。

マーヤちゃんは今のところとてもおとなしくて、鳴き声も小さいです。静岡のブリーダーさんのところで10月下旬に生まれたそうです。ご飯は「ザ・文鳥」に記載のフォーミュラとあわ玉をミックスしたものをあげています。フォーミュラなら栄養面で安心(だと思う)。今のうちに抱っことチューに慣れさせるのだ。

文鳥

奈々を預けているペットショップには文鳥の雛が数羽います。もうそろそろ挿し餌を卒業しそうな感じの雛たち。見ているとやっぱりほしくなってしまいます。明日は奈々を迎えにいくので、文鳥の雛もお迎えしようか…と準備中。文鳥を飼うのはチャー君が亡くなって以来だから、2、3年ぶりです。小さい鳥はすぐに病気になって、一刻も猶予できないから、病院通いが大変だとか、放鳥時間の確保だとか、ケージの掃除が増えて面倒くさいとか、無農薬のシードの確保が難題だとか、色んな苦労が思い出されますが、「ザ・文鳥」の写真を見ていると誘惑に勝てそうにない。奈々も仲間の鳥がいた方がいいのではないだろうか。正直、飼いたい気持ちと面倒くさい気持ちが半々ですが、これも何かの縁。

そんなわけで、数日前から無農薬シードやフォーミュラや保温器具などを準備しています。日本では無農薬もしくはオーガニックのカナリーシードがないので、これは海外通販を利用するしかなさそう。やっぱり、金かかるなぁweep

数日前、数人分の翻訳テストの評価を依頼されたのだが、どうもこういう仕事はあんまり好きではない。自分がひどく意地悪な人になった気がするから。案の定、日本語が体を成していないとか、大きい誤訳、小さい誤訳が複数見つかるとか、訳抜けがあるとかで、はっきり言って合格できるレベルの回答は一つもなかった。ミスをするのは自分のせいではないけれど、人の仕事の機会を奪うようで後味が悪い。かといって、一定のレベルに達していない訳文がこれ以上世に出回っても困る(だって、直すのが大変だもの)。色々と複雑な気持ちです。

« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House