« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2011年7月24日 - 2011年7月30日

翻訳市場

翻訳サイトで、インドの翻訳会社が数十万ワード規模の翻訳者募集をかけているのを目にすると、ほんと、ゲンナリするわ。こういうところの翻訳料は破格に安い。コンビニのバイトより安い。せっかくのビッグ・プロジェクトが、仕事機会が台無しですなぁ。破格に安くても引き受ける翻訳者ってどんな人なんだろうって想像してみてください。依頼主はほぼ間違いなく、安物買いの銭失いになる。世の中には適正価格っていうものがあって、それを大幅に下回る価格でそこそこの品質の翻訳を手に入れようなんて、非常識で虫が良すぎる話。それから、翻訳はボランティア(=無償)でやるべき崇高な仕事っていう人がまれにいるようだけど(大方、専業主婦だろう)、翻訳者はかすみ食べて生きろって? ほんと、「善意の人ほど」鈍感で迷惑な人はいないと思わせられる事象の一つ。

うちのTVは相変わらず、普通に各局の番組が映っている。マンションで何かつけているのかな? これでやっとうちの中が静かになると思ったのに。。。。かなりがっかりです。子供の頃は、自分がこんな事を言う日が来るとは全く想像していませんでした、はい。「TVのない生活なんて」ってくらいTV大好きだったのに。現在の番組が低レベルすぎるのか、自分が成長したのか。。多分、両方でしょう。

母またしても入院

今朝、母が軽い卒中を起こしたらしく、右足に力があまり入らなくなったので、病院に電話したら「すぐ救急車で来てください」と言われ、即入院となった。血管に詰まりがあるらしく、薬で溶かしていくらしいのだが、1週間ほどはよくなったり悪くなったりということがあるので様子見になった。人生、思わぬことがあるものだ。ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらずという方丈記の一文が思い浮かぶ。去年は父を亡くし、今年は母が入退院をすでに2回か。。自分自身、もうたいして若くはないという事実も実感する今日この頃です。

忙しい時に限ってこういう事って起こるものですね。納期、間に合うかしらん。もう、この暑い時期に突貫工事はいやだ~~!

先週の乗馬は、前の馬が軽速歩中に常歩になってしまうことが多く、こちらも自然、合図を思い切って出せなくなっていたのだが(すぐ距離が縮まるから)、「合図、合図!」とやみくもに号令かけまくりの指導員の人、ちゃんと見てるのかな?って疑問に思った。こういうことがあると、ついついまた、他の乗馬クラブに目が行っちゃうんだよなぁ。1年に、2、3回はそう思ってしまう、私の悪い癖!(右京さん風に) 2年くらい前まではそうでもなかった思うのだが、馬を働かせすぎなのも気になる。人気のある馬だとこの炎天下、ほぼ休みなしで4鞍連続(しかも1鞍目と2鞍目の休憩時間は15分のみで、2鞍目の30分後、3+4鞍目は90分レッスン)。会員数が増えて経営も大変なんだろうけど、動物愛護精神がおろそかになっている。もう1つ気になるのが、裏掘り中、じっとしていない馬が多くて(新しい馬が増えたせいもあるだろうけど、2年前の方がもっとじっくり裏掘りできたぞ)、そういう時は指導員さんに頼むのだが、ちゃちゃっとやってすぐ終わりか、「やらなくていいです!」で終わってかなりなおざりにされている。

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年8月14日 - 2011年8月20日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House