« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

2011年4月10日 - 2011年4月16日

被災鳥への物資提供

鳥専門ショップの「バードモア」さんで被災した鳥へのフードやケージの物資提供を行っているそうです。詳しくは、以下のリンクにアクセスしてください。

http://www.birdmore.com/sien.html

ペットの消息情報サービス

地球生物会議ニュースレターより転載(4/16付)

日本マイクロソフトとグーグルジャパンが、それぞれペット
の消息情報を提供するサービスを開始したそうです。

【被災ペットと飼い主の架け橋に 「MSNペットサーチ」スタート】
MSN産経ニュース:2011.4.14 14:03
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110414/trd11041414040014-n1.htm

日本マイクロソフト プレスリリース:2011 年 4 月 14 日
http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3986

【記事本文】
(ア)MSN産経ニュース:
日本マイクロソフトが運営するポータルサイト「MSN」は14日、
東日本大震災でペットと離ればなれになった飼い主や、被災地で
保護されながら元の飼い主が見つからないペットを支援する
「MSNペットサーチ」の運用を開始した。

MSNペットサーチには、動物保護関連団体が被災地で保護した
ペットの画像、保護された場所、大きさや特徴などが犬・猫別に掲載され、
飼い主はメールを送ればペットを保護している団体と連絡を取ることができる。
また、飼い主が現れなかったり、ペットを以前のように飼育することが
できない場合は、各団体が新しい飼い主を募集する。飼い主になることを
希望する人は、サイトから各団体に問い合わせることができる。


◎Google Animal Finder: 2011 東日本大震災:
http://japan.animal-finder.appspot.com/

【アニマルファインダーの提供を開始します】
Google Japan Blog:
http://googlejapan.blogspot.com/2011/04/blog-post_14.html
2011 年 4 月 14 日

消息情報を確認するためのツールとして活用いただきました
パーソンファインダーですが、この度、その技術を活用し、
ペットの消息情報を登録・検索できる「アニマルファインダー」の提供を
開始します。リクエストをお寄せいただいた多くの皆さま、
お待たせいたしました。

使い方はパーソンファインダーと大きく変わりませんが、写真などを
掲載していただく必要がありますので、予めご了承ください。
同サービスへは、災害情報特設サイト(http://goo.gl/saigai
のリンクからアクセスしてください。情報をお持ちの方はお寄せください。
暖かいご支援をどうぞよろしくお願いいたします。


※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

計画的避難区域の牛を移動へ

地球生物会議ニュースレターより転載(4/15付)

とりあえず、計画的避難区域の牛については移動させる方針と
なりました。

計画的避難区域の牛を移動へ
http://www.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055327571.html
NHK福島放送局 2011年04月15日 17時46分

東京電力の福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県は、政府が
1か月をめどに住民に避難するよう求める「計画的避難区域」で飼育
されている牛について、区域外にある牧場に移動させる方針を決めました。
今回の原発事故を受けて、「計画的避難区域」とされた地域では、
住民の避難とともに、肉用牛や乳用牛などの家畜をどのように移動させ
るかが大きな課題になっています。
福島県は、これらの地域で飼育されている肉用牛や乳用牛について、
「住民とともに速やかに移動させる必要がある」として、区域外にある
県内や県外の牧場に移動させる方針を決めました。
福島県によりますと、移動の対象となる牛は、飯舘村のおよそ3000頭
をはじめ、合わせて1万頭を上回る見通しだということです。福島県では、
これらの牛を県内におよそ10ある公営の牧場のほか、畜産の牛を受け
入れる考えを示している栃木県の牧場などに移動させたいとしています。
福島県は今後、生産者団体などと協議して、時期や移動先などの調整を
進めることにしています。



※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

原発避難地域に残された家畜に関する要望

地球生物会議ニュースレターより転載(4/15付)

避難地域に置き去りにされている家畜、及び今後避難対象となる地域
の家畜に関して、昨日、以下の要望書を農水大臣(所轄:農水省生産局
畜産振興課)、農水副大臣、衆議院農水委員長ほかの方々に送付、手渡
し等して要望いたしました。
多くの一般からの声が必要です。現在、被災地域以外では統一地方選挙
のただなかで、週末には議員は地元にいます。災害時における動物救援
対策について、皆さまも地元の国会議員事務所等に問い合わせて、
お願いの声をお寄せください。

ALIVEのホームページにも掲載しています。
福島原発避難地域の畜産動物に関する要望(写真付き)
http://www.alive-net.net/animalfactory/apeal/youbou20110414.htm

なお、農業と動物福祉の研究会でも要望書を出しています。
被災家畜の救護と家畜公衆衛生対策についての要望
http://www.jfawi.org/action/hisai-1.htm

-----------------------------------

2011年4月14日
農林水産大臣 鹿野道彦 様
各国会議員 様


福島原発避難地域の畜産動物に関する要望

防災基本計画には、「災害時における動物の管理(衛生を含む。)及び
飼料の需給計画に関する事項」が定められています。これに基づき、
家畜の保護管理に関して早急に取り組んでいただきたくお願いいたします。

福島第1原発の半径20km圏内の避難地区では乳用牛870頭、肉用牛2500頭、
豚3万頭、鶏63万羽が飼育され、30km圏内全体では、鶏190万羽、肉用牛
1万2000頭(繁殖牛中心)、豚3万9000頭が飼育されているとのことです。
(宮崎大学HPより)

当該地域において避難指示があった当初は、これほど長引くことは予想
されず、多くの方々が牛をはじめとする畜産動物を残してきました。
避難が長引くにつれ、動物への給餌給水のために一時帰宅する方もいま
すが、それができない場合には舎外に放されたものもおり、牛が道路や
田畑をさまよったり死んだりしているのが見受けられます。
つながれたり小屋に閉じ込められたりしている家畜には、餌も水もなく、
すでに衰弱・餓死が始まっています。

近く避難命令が出されれば一切立ち入りができなくなりますが、このまま
これらの動物を放置した場合、死体の腐敗による感染症の発生等公衆衛生
上の問題や、野生動物の食餌となることによる生態系への悪影響などが
懸念されます。
また、30km圏外で新たに指定された「計画的避難区域」には多くの和牛農
家がおり、これらの牛を避難させる措置等も大きな課題となっています。

いずれしても早急な対策が必要ですので、以下の要望に関して、関係機関に
おいて速やかに対処、指示等がなされるようお願いいたします。


1 実態把握
  農林水産省では、県あるいは各市町村等に保管されている畜産農家の
名簿等から、牛・馬・豚・鶏などの飼養場所を割り出し、現在残されている
畜産動物がどのような状態にあるか、速やかに実態を把握していただくよう
お願いいたします。

2 給餌給水
  閉じこめられている動物の中に削痩状態で生きながらえている家畜が
確認されています。生存個体については、自衛隊等によって緊急的に給水
給餌をしていただき、可能な限り以下の3~6の措置を進めていただきたく
存じます。

3 家畜の避難
  健康な個体については、公共牧場、放牧施設等に一時的に家畜を預託
できないかを照会し、速やかに避難させるべき措置をお願いいたします。

4 家畜の譲渡
  畜産農家がもはや動物を飼育できない状態である場合には、譲渡先の
農家、企業等を募って譲渡できるよう、仲介機関を設けるなど、畜産関係
機関や自治体、NGO等に協力要請をしていただきたく存じます。

5 安楽死
  瀕死状態、高濃度の放射線被ばく、飼い主の飼育放棄等のやむをえない
場合には、法的手続きの元、獣医師による安楽死措置をお願いします。

6 死体の埋却
  家畜の死体は、腐敗による病原菌の発生、野生動物が食することによる
生態系への悪影響等を阻止するために、場所を指定して速やかに撤去・埋却
するよう、自衛隊等に要請して頂くようお願い申し上げます。

7 専従担当者の臨時雇用
  このような対策には、家畜管理に詳しい専従の担当者を要します。各自治
体において、専従のスタッフを期限付きで雇用して、各自治体の必要とする
地域に派遣する必要があります。


特定非営利活動法人地球生物会議 ALIVE
財団法人神奈川県動物愛護協会
被災動物保護調査団


※宮城県(多賀城市、七ヶ浜庁、女川町を除く)における地震・津波による
畜産動物(乳牛、肉用牛、豚、採卵鶏、ブロイラー)の死亡数:
1,186,926頭(羽) 
死因は、水死・餓死(宮城県のHPより 2011年4月14日現在)



※転送・転載可です。転載・転送される場合は
[ALIVE-news]より転載と明記してください。

今日はなかったことにしたい

今日の乗馬は最悪でした。ちっともコントロールが利かず、ほとんど常歩で終わっちゃった。裏掘りのとき、回し蹴りを2回食らったのでそれが後を引いて、及び腰になってしまったのが大きな敗因の一つかもしれません。回し蹴りと言っても、前足でかなり加減はしてましたが、それでも蹴られたのは初めてだったので、ちょっとショックでした。馬ってこちらが思うよりも頭良くて、しっかり当たるように足を回して蹴ってくるんですよねー。ビックリです。今月は専用馬で、ずっとこの馬なので、試練の月になりそうです。とほほ。でも、去年、2回ほど乗った時はとても乗りやすかったのになぁ。だから専用馬に選んだんだけど。私の腕がまた一段と落ちたか、馬が気難しくなったか。

都知事選はまた石原が選ばれてしまったが、こんなになってもまだ東京湾に原発作るなんて言っている人選んで、いいんでしょうか。どーするんでしょうね、東京湾に巨大津波が来たら。原発は人間の手に負えない代物だってことが今回のことで身にしみてわかってないのでしょうか。

« 2011年4月3日 - 2011年4月9日 | トップページ | 2011年4月17日 - 2011年4月23日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House