« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »

2011年3月20日 - 2011年3月26日

原発の作業員は毎日被爆している

地球生物会議のニュースレターより

元原発関係者の手記「原発がどんなものか知ってほしい」は必読です。

非常に恐ろしいことが書かれています。。。

**************************

「原発がどんなものか知ってほしい」

2011年3月11日、巨大地震と大津波という、日本の歴史上、
未曾有の大きな自然災害が起こりました。
それに伴って、福島原子力発電所が次々と損傷、放射線が
広範囲に拡散するという、本来決してあってはならない最悪
の人災が発生しています。

放射能汚染は、周辺の土壌、水系、海に及び、人間ばかりでなく、
そこに生きる数知れぬ生きものたちのいのちを脅かし、食物連鎖
や生物多様性にも計り知れない悪影響を与えています。

このような時だからこそ、もう一度、原発とは何かについて、
正しい情報を知り、その是非について深く考えなければいけ
ないのではないでしょうか。

現在の放射線の拡散は、原子炉の配管に損傷が生じているから
ではないかと言われています。
まさにその配管の技術者だった平井憲夫さんという方が、阪神
大震災の後に書き残している記録を読むと、むしろ今回の福島
原発の事故は、起こるべくして起こったということがわかるよう
な気がします。

平井さんは、度重なる放射線被曝によりがんになり、すでに死去
されていますが、福島原発などが着工された当時の原発の状況を
知る貴重な記録を残しておられます。
皆さまも改めて、ご一読いただければと思います。

地球生物会議:野上ふさ子

-----------------

原発がどんなものか知ってほしい
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page1

筆者「平井憲夫さん」について:

1997年1月逝去。
1級プラント配管技能士
原発事故調査国民会議顧問
原発被曝労働者救済センター代表
北陸電力能登(現・志賀)原発差し止め裁判原告特別補佐人
東北電力女川原発差し止め裁判原告特別補佐人
福島第2原発3号機運転差し止め訴訟原告証人

「原発被曝労働者救済センター」は後継者がなく、閉鎖されました。

動物への緊急支援物資

不平不満批判だけぶつくさ言ってるお気楽な人にはなりたくない人は、人間の二の次にされる動物・鳥たちにも愛の手を!

被災ペットへの支援物資を募集 緊急災害時動物救援本部】
【ペット大好き!】WPN☆ワールドペットニュース:
◆被災ペットへの支援物資を募集 緊急災害時動物救援本部:
[2011.3.23]
http://www.petoffice.co.jp/wpn/news.cgi?shop=honten&no=n2011032303

 緊急災害時動物救援本部は23日、東北地方太平洋沖地震で
被災したペットと飼い主のための支援物資の募集を開始した。

 募集を行うのはペットフードやタオル、トイレタリー用品
など10品目で、対象ペットは犬・猫に加え、小動物・鳥も含
まれる。物資は救援本部事務局を担当する財団法人日本動物
愛護協会に集められ仕分けされた後、被災自治体からの要請
の基づき、各地に送られる。

 募集する物資と送り先は下記の通り。救援本部の構成団体
である社団法人
日本動物福祉協会は、物資送付に際して「できるかぎり動物
種ごとで1箱にまとめて、箱に動物種と品名を大きく書き込
んでください」「動物種ごとにわけることが難しい場合も箱
に品名を書き込んでください」と呼びかけているので、支援
を行う方はご協力をお願いしたい。

 なお、犬グッズのオンラインショップ「FEEL SO DOOG-
フィール・ソー・ドッグ」では現在、震災支援のためのドッグ
フードを販売中。購入したフードは同店を通じ、直接救援本部
に送られる。

【募集する物資】
・ペットフード(犬・猫・小動物・飼鳥) 
※未開封/賞味期限が3ヶ月以上のもの
・ケージ(サイズ不問)
・キャリーバッグ
・タオル ※新品または洗濯済みのもの
・ペットシーツ
・首輪、リード(小型~中型)
・猫用トイレ砂
・毛布
・フードボウル(食器)
・飲料水

【送り先】
145-0072
東京都大田区田園調布本町16-6
緊急災害時動物救援本部
TEL:080-2074-1821

【募集期間】
4月中旬まで
[関連URL]
・日本動物愛護協会 関連ページ
http://jspca.or.jp/cgi-bin/jspca/news_disp.cgi?57
・日本動物福祉協会 関連ページ
http://www.jaws.or.jp/information/detail/data_43.html
・FEEL SO DOOG-フィール・ソー・ドッグ
http://www.feelsodoog.com/


【緊急災害時動物救援本部 被災地での動物保護】
緊急災害時動物救援本部:
http://www.jpc.or.jp/saigai/pc_news.html

被災地で動物保護を行っていらっしゃる方へ

被災地にて放浪動物を保護する際には・・・
「保護責任者の連絡先」「保護した動物の特徴など」を書いた
ものを、保護した場所の近くに残すようにご提案いたします。
保護者がわからないと、飼い主が探しに来たときに連絡を取る
ことができません。
また、保護した後は、状況が落ち着いてから被災地の行政と警察
に必ず届出(逸走動物の保護)するようにしてください。

すでに被災地の動物を保護された方へ

飼い主の方が探している可能性があります。
被災地行政と警察に必ず届出をしてください。

動物保護カードを作成いただきました。
動物保護カードはこちらです
http://www.jpc.or.jp/saigai/pdf/animal_re.pdf
※pdfファイルが開きます

« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ | 2011年3月27日 - 2011年4月2日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House