« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2010年9月19日 - 2010年9月25日

自主経路を乗り越えた

昨日で3時間の自主経路設定の教習が終わった。あと山場は2つ。縦列駐車・幅寄せと高速教習。自主経路設定は複数教習なので、他の人の運転(の未熟さ)がわかってちょっと安心した。1時間目は私一人で、教官と険悪ムードになった。駅前の信号(横断歩道+一時停止線あり)が赤になったので停止したら、いきなり、「どうしてこんなところで止まるの?!」と言われ、「赤信号だから」と答えたら、「ここ、交差点の真ん中でしょ!どうしてこんなところで止まるの?!わかってる?!」とわけのわからないことを言われた。横断歩道+一時停止線直前のどこが交差点の真ん中なのだ?頭くるってんじゃねーの?と思いつつ、「わかりましたよ!ったく、むかつく!」とご返答申し上げた。2時間目と3時間目は30代前半くらいの男性と大学生くらいの男の子。男性は運転が上手なものと思っていたけど、発進時アクセルふかしすぎとか、走行時低音で重いとか、意外と下手で安心した。皆、こわごわ運転してるんだなぁ。はっきり言って、私の運転の方がまだ快適だった(と思う)。教官によってはほんと、貧乏くじとしかいいようのない奴に当たる。どこの教習所も教官は玉石混合なのだろうか。

日本ではオートマ車の販売台数が九十数パーセントを占めているそうで、親戚が勤めている日産のサイトを見ても、CVTというオートマっぽいスティックの車ばかり。オートマはエンジンブレーキが緩い、急発進、クラッチの微調整がないっていうのが怖いので、購入意欲がわかない。CVTっていうのも半端そうで気が乗らない。普通のマニュアル車はどこにあるのでしょう。

明日の教習はオートマでの駐停車と危険予測です。オートマはPとDしかわかりませんわ。

曽野綾子さんの「貧困の僻地」で、日本人の幼児化が甚だしいことが取り上げられていたが、私がとみに幼児化を感じるのは、CMで丁寧語ではなく、「~だよ!」とまるで友達に話すような口調が目立つことと、どうみても20歳以上の女性が幼稚園児か小学生のような声を出してたどたどしく話すこと。大人の女性の声が聞きたい!と思う。最近の若い女性はきれいなのは結構だけど、顔つきがどこかさもしく貧相で、内面の豊かさがまったく感じられないような気がする。ま、男性もだけど。いい年して電車の中で平気でエロ週刊誌・エロ漫画本を広げられる感性とはいかなる感性なのだろう。そうした漫画を求める精神のありようを見ていると、悪いけどそいつの全人格を否定したくなる。私の場合、週刊マーガレットとかリボン、なかよしなどの漫画本は中学生で飽き、高校生になる頃には完全に読まなくなっていた。ピークは小学生高学年でしたか。漫画をすべて否定する気はないけど、今氾濫しているのは、レベル低すぎやしませんか?

« 2010年9月12日 - 2010年9月18日 | トップページ | 2010年9月26日 - 2010年10月2日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House