« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

久々に馬

今日は最初、トゥリパーノ(旧名ミモザ)が割り当てられたが、足が不調ということで、裏掘り後にポタという子に交代。確かに後ろ足の裏の一部が変だった。トゥリパーノは、喉をつっぱらかせて口をカポカポするので、ニンジンが詰まって取れないのかと思ったら、そういう「癖」なんだそうで。。ポタは白地に黒のぶちで、いかにも中血種って感じの馬。騎乗前、反応がいいので脚は少しでいいと言われていたけど、実際にはいくら脚を使ってもちっとも軽にならず、数歩軽をしたららすぐ常歩になるといった具合。私の指示も弱かったかもしれないけど、実はポタもお腹の具合がしばらく悪くて、最近ようやくレッスンに出始めたそうです。あと、騎乗後に気付いたけど、右足甲に出血があった。しかし、今日は、馬に乗れただけで幸せだったhorse ポタは洗い場では素直で大人しくて結構人懐こかったけど、馬房に戻ったらすぐに足をドーン、ドーンとすごい音を轟かせて蹴り上げ、隣の爺さん馬、ハクウンに喧嘩をふっかけていたsweat02 ハクウンさんはどこ吹く風といった風情だったが。 

この間、馬の匂いが気にならなくなったと書いたけど、もはや馬の匂いが「しなくなった」。これは進歩なのか、嗅覚がおかしくなったのか?

そういえば、6月に入っても花粉症はちっともよくならない。それどころか、どんどんひどくなるみたい。今はいったい、何が飛んでるんでしょうかね。

« 2010年5月30日 - 2010年6月5日 | トップページ | 2010年6月13日 - 2010年6月19日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House