« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2009年2月15日 - 2009年2月21日

引退馬のフォスターペアレントの会

在宅翻訳の仕事はようやく波に乗ってきたところです。大型案件だし、普段より難しい内容なので、日曜日はどっと疲れが。。しかも、初めて使用する翻訳メモリ(無料)なので、使い勝手がイマイチ。Tradosを使った方が作業しやすいけど、Trados高いし、いまだに持っていない人も多いし、自社製翻訳メモリを開発している企業も多いから仕方ないか。この間、スウェーデンの翻訳会社から依頼があったときも、自社開発したメモリだったなぁ。

昨日は、フォスターペアレントの会に出る予定だったけど、こんな次第で仕事が片付かず、疲労もあってキャンセルしてしまいました。フォスターペアレントの会っていうのは、引退した競走馬をみんなで牧場に預けて余生の面倒をみましょうっていう会です。毎年何千頭だかの競走馬が生産されますが、その中で競走馬としてレースに出られるのはほんの一握りで、残りはたいてい、ペットや動物園用のくず肉にされます。乗用馬として乗馬クラブに引き取られる運のいい馬も少しはいますが、乗馬クラブでも故障が長引けば「処分」されます。競走馬だって活躍した馬でさえ、引退後はくず肉にされることがあるそうです(酷い話)。本来なら、過剰生産せず、馬主が金儲け主義に走らずに、責任を持って感謝の念と愛情をこめて最後まで面倒みてあげるべきだと思いますが、実際はこんな現状なので、馬が好きで金が少し余っていたら、ぜひフォスターペアレントに寄付してあげてくださいませ。たとえば、こんなところ。

○イグレット軽種馬フォスターペアレントの会
http://www.efp.gr.jp/

また、この中で紹介されている「エスケープハッチ」という高知地方競馬の引退馬のFPがまだまだ不足しているので、募集中とのことです。

http://www.intaiba.net/escapehatch/

土曜日は、「初心者複合」に初めて出ました。馬場が広くなったので、ビギナーサークルの遠心力が少なくなってよかった!と思う反面、軽速足の距離が伸びておばさんは疲れた。。指導員さんも新しい人だしなぁ。「馬の休憩時間が削られないように、もっとテキパキ馬装しましょう!」なんて言われちゃったしさぁ。はいはい、わかったよ! しかし、あせるとろくなことがないので、あまり急かされたくないthunder。ビギナーの先生たちの方がよかったな。と、正直なところ、そう思ったが、ほんと、馬装はもっと何とかしないといけないよ!wobbly

馬の話ばかりになってしまったが、ヨウムは元気にしておりますscissors。留守番のときは、チャー君がいなくなってしまったので、完全にひとりきりにさせなければならず、とてもかわいそう(一応、教育テレビのチャネルをつけたまま外出)。なるべく早くフリーランスになって、鳥の数を増やしたいともくろんでいます。文鳥は絶対に飼う(チャー君が去ってから、文鳥がいない生活を送るのは、10年ぶりくらいかも)。あと、奈々のためにもう一羽ヨウムがほしいとは思うものの、万一ソリが合わなかったら悲惨だし、金もないし、フンと鳴き声は倍増するし。はー、迷う。

« 2009年2月8日 - 2009年2月14日 | トップページ | 2009年2月22日 - 2009年2月28日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House