« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2009年2月8日 - 2009年2月14日

ビギナー卒業

ようやっとビギナー卒業を迎えました。昨日も結局、90分レッスンとなりました(最初の45分ではまだ停止のときの姿勢と目線ができずrain)。で、専用馬は急遽、ゲットアウトさんに変更になりました。その主な理由は、ゲットアウトさんはあまり下を向かないので、手綱操作をしやすいから。しっかし、でかい。プレミアム君は小柄だったので、余計にそう感じました。背中の尻に近い方なんか私の背@170cmとあまり変わらない...でも、わりと乗りやすかったです。ゲットアウトさんは5歳だが、プレミアム君よりも個性がはっきりしているかもしれません。イタズラなところもあるけど、気のいいやつという感じです。馬装はかなり苦労したことを告白しよう。。ハミをなかなか噛んでくれず、四苦八苦。それと、厚めのゼッケン(自前)だったので、(馬自体も大柄だし)腹帯がまわらん。。が、裏堀はわりと素直に足をあげてくれて楽でした。

レッスンのポイントは、私の場合、前傾になりやすいので、腹を出して少しのけぞるような感じにして、鞍にどっしり座るというものでした。自分ではまっすぐ座っているつもりだったんですが、前傾なので馬の歩行が速くなってしまう(前傾になるとハミが緩むため)。しかし、どっしり座るようにしたら、馬のペースがゆっくりになりました。「なんか、(馬の)テンション下がったんですけどー」と言ったら、「それでいいんです!速くなるのは、馬が言うことをきいていないから」とのお返事。へぇぇー、こんなにも違うんだ!としばし感動sign03

次回からは、いよいよ初心者複合です。古巣のビギナーを離れるのはちょっとさびしい気がしますが(ビギナーの先生たちにはお世話になりました。去年の8月以降だから、半年以上かかった)、少しずつ上達できるようにがんばります!今度からは、自分で馬を馬房から連れ出して、一切の馬装を完全に自分でしないといけないので、プレッシャーだ。

90分レッスン

昨日は1鞍の予定だったのに、90分レッスンということで結局2鞍分乗ってしまった。今回からは専用馬のプレミアムタイムくん。まだ3歳の若ーい馬で、もともとは競走馬用だったけど、性格的にのんびり・おっとりしているので、最終的に乗馬クラブにたどり着いたようです(よかったね)。プレミアムくん、すごく可愛い顔をしていますが、何を考えているのかよくわからないほよっとした雰囲気の子ですsleepy まだコドモだから、自己確立の途上といった感じでしょうか。でも、3才でこれだけ大人しいのもすごいそうです。

すぐに下を向いて、前の馬にピタリと着いていきたがる子なので(「これが、○○だったら、とっくに尻に噛み付いている」と指導員さんが言ってました。その子には2、3回ほど騎乗したことがありますが、ちょっと重いだけで特に問題なかったです..。人には優しいけど馬には厳しいのかな?)、手綱操作はハクウンさんのときより苦労しましたが、おとなしくて良い子だし、扶助によく反応してくれました。次回はいよいよ「みきわめ」です。果たしてビギナー卒業となるか?!今回、一緒に騎乗した中学生の女の子は私の半分以下の騎乗回数でビギナー卒業となりました。やっぱり、若い子は習得度が全然違うcoldsweats02

今日は奈々ちゃん@ヨウムのワザを紹介します。奈々ちゃんはケージに入れられたくないときやバードジムに置き去りにされたくないときは、片足を手にかけ、嘴で指を挟んだままぐいぐいとにじり寄って、何とか、完全に手によじ登ろうとします。このワザ、成功するときもあれば、失敗するときもありますcatface このとき、大したものだなと思うのは、決して嘴に力を入れないこと。奈々ちゃんもおとなになったなぁ。

« 2009年2月1日 - 2009年2月7日 | トップページ | 2009年2月15日 - 2009年2月21日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House