« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2009年1月25日 - 2009年1月31日

円高

なので、アメリカの馬具サイトから馬の脚用プロテクター、ゼッケン、ボアパッドを取り寄せることにしました。このプロテクター、日本では33000円もする代物。が、アメリカでは半額の134ドル。が、送料が高い!USPS(アメリカの郵便局)ではなく、フェデックスのみの取り扱いなので、高い、高い。。typhoonそれでも、日本で買うより安く上がるから買う。それから、ビットレスブライドルも届きました。手綱がついてないんだな。うーむ。

ここ最近、不況の影響で内職の仕事も減っていますが、2月の初旬にどーんと大型案件が入るので、この夏のボーナス払いの危機はなんとか乗り切れそうです。多分、鞍も買えるかも?! 日本で売られている鞍って30万以上するんですよね。だから、ウィンテック製の10万前後で買えるやつを狙ってます。ある指導員さんの話では、乗りにくいということでしたが、アメリカのサイトのレビューを見ると、軽くて快適という意見が多いので、やっぱりウィンテックにしようかなと思います。馬としても軽いのが一番だろうし。ジェルもハニカムっていうスカスカのが軽くて通気性も好さそう。合宿の時に、先生が使っていたのをみたけど、いいなぁと思ってたんだ。夏はこれがいいと思う。

久々に更新しました

「小鳥のお部屋」の病院へのコメントを半年ぶりに更新しました。大変遅くなり、コメントを下さった方々にはお詫び申し上げます。その間、病院情報もいただいていますが、中にはファックスで掲載依頼をしても、返事がなく掲載できないところもあります。奈良県の病院ですが、口こみということで、ご希望の方にはメールでお伝えいたします。あるいは、「奈良県 小鳥 病院」でヤフーで検索すると真っ先に出てきます。

チャー君は先週の日曜日に、お骨になって我が家に戻ってきました。しかし、お骨=チャー君ではないんだよね。視える方には、私の斜め上で見守ってくれている姿が視えるそうです。が、早く帰るべき所に帰んなさいと思います。その方が幸せだから。

乗馬ライフ3月号の中村公子さんのインタビュー、素晴らしかったです。「自分が跨る馬が、世界で一番の馬だと思って乗ること」という言葉が印象に残りました。それから、常に馬に声をかけることが大切だそうです。私なんか、ちょっと大柄な馬や気の強い馬だと「……」な気持ちで騎乗していたけど、馬にもそういう気持ちが伝わって、余計に乗りにくくなってしまっていたかもしれないと反省しました。

昨日は、ハクウンさんに騎乗させてもらいました。馬場がぬかるんでいて、軽速歩が出にくかったなぁ。ハクウンさんも「今日はかったるくてやる気しない」って感じで。そういう時もあるだろう、人も馬も。でも、騎乗後は顔を寄せて甘えてきてとーってもかわいかったです!

« 2009年1月18日 - 2009年1月24日 | トップページ | 2009年2月1日 - 2009年2月7日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House