« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2009年1月11日 - 2009年1月17日

初フレーメン

今日は2週間ぶりに乗馬に行ってきました。幸いそれほど寒くなかったです。日ごろの行いが良いせいでしょうかscissors 

今日も専用馬のハクウンさん。馬装前にこっそりリンゴをあげたら、いたく喜んでくれて、フレーメンされてしまったhappy01 そんなに感激されるとは。。。またリンゴ持っていくからね。それにしても、すんごい歯と歯茎だわ。エイリアンのぱっと飛び出す歯を思い出してしまった。

ハクウンさん、歩く姿はいかにも大義そうだけど(20歳近いらしい)、いったん馬場に出ると同じ馬とは思えないくらいよく走ってくれる。20歳近いと知ってれば、専用馬は遠慮したかもしれないです。ご老体にこの体重は堪えるだろうからなぁ。レッスン後、次回の予約をするときに、結構埋まっていてびっくりでした。いや、ハクウンさん、人気あるんだな。

レッスン後、洗い場でウィングル様を見かけた。こちらをじーっと見つめる目。あれ、もしかして、私のこと覚えていてくれてるのかな? もしかして、またわたしと組みたいのかも?! でもウィングル様も人気馬だから、出ずっぱりで乗りつぶされる悲劇は避けたい。

「小鳥のお部屋」

昨夜(というか今日の深夜)は溜まっていた仕事を片付けるために2時過ぎまで作業。ちょうどWOWOWで「エイリアン2」をやっていたので、ちらちら見ながら。シーガニー・ウィーバーがまだ若い!

チャー君がこの世を去ってから、心に穴が開いたよう。小鳥がいないのはなんてさびしいんだろう。昨日、チャー君をペット霊園に預けて、今日火葬されました(午前11:40頃連絡あり)。1日以上経っているので、チャー君の魂は体から完全に離れているはず。何でも、魂は死後数時間は体から完全に離脱していないそうです(だから肉体の苦しみもまだ感じる)。お骨は日曜日に引き取ります。「小鳥のお部屋」のメンバーはみんなあの世へ帰ってしまいました。

夏になったら文鳥数羽をお迎えしたいな。絶対、文鳥王国を築くのだ!そのためにもがんばって働かないとな。

チャー君、旅立ちました

昨日(1月11日)の午後4時10~20分の間(時計を見ることを思いつかなかったので正確な時刻は不明)、主治医の先生にお願いしてチャー君を安楽死してもらいました。辛い選択でしたが、先週の日曜日からさらに状態が悪化して、この2、3日間は呼吸もやっとで、何よりもフンがなかなか出なくなって、体に力が入らない状態でしたので、もうこれ以上苦しい思いをさせることはできませんでした。こんなに悪いのに生きているのが不思議なくらいで、なかなか死に切れないという状態でした。この1週間は少しでも楽になるように夜間~朝までまで手で包み込んで寝ていました。手に包まれているときはそれほど羽も膨らまず、苦しいながらも安心したように寝ていたのが救いです。

胸の筋肉に2度注射して痛い思いをさせてかわいそうだったけど、5秒もしないうちに呼吸が止まり、心停止しました。最後の瞬間は眠る間もなく安らかに旅立ちました。先生のお話によると「早い子は眠りに入った5分で亡くなる」ということでしたので、チャー君はそれほど悪かったのでしょう。先週の時点で安楽死させてやればと悔やまれます。安楽死自体には後悔の念はまったくありませんが、「もっと早くしてやれば」という風に罪悪感を感じます。主治医の先生にはお辛い思いをさせて申し訳なく思います。

チャー君、あちらではちゅんちゃん、ぴっぴちょんと仲良くやってくれればいいのですが。かわいいチャー君。君は正に桜文鳥の王道を行く子だったよ。うちに来てくれて、愛してくれてありがとう。私が帰幽したときにはみんなで迎えに来てください。

去年の10月のチャー君(水浴びの生乾き状態)081029_1

« 2009年1月4日 - 2009年1月10日 | トップページ | 2009年1月18日 - 2009年1月24日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House