« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2009年6月21日 - 2009年6月27日

駈け足どうしよ

釧路のトレッキング大会がいよいよ具体的になってきています。軽速歩ができればOKな参加条件ですが、そうは言っても、束縛のないいつまでも続く道を行けば、馬だって嬉しくなって走りだすなんてことも十分あるわけで、そうしたらどうすりゃいいんじゃ。必死についていくか、落馬するかのどちらかだな、こりゃ。今通っている乗馬クラブで、ビギナー駆け足に、一時参加なんてできないだろうか。釧路行く前に、駆足の状態っていうのを体験したみたいのよ。ぶっつけ本番で駆け足されたらパニクって落ちる可能性が高いんで。

それにしても120KMのエンデュランスの出場資格のある人馬が12名(馬)しかいないっていうのは驚いた。それなら、がんばって3年以内に出られるようになってやる!今年4級、来年3級とるぞ!テビスカップのサイトを見ると、今年の日本人出場者はたった1名。とはいえ、ほとんどアメリカ人(しかも現地カリフォルニア人)ばかりだけど。

前回は2鞍で、げっちゃまの騎乗時は、軽速歩、発進・停止合図が順調で楽しかったです。暑かったけど。7月は12時から15時までは「馬休時間」といって馬の熱中症対策のため、お休みになります。馬たち、大丈夫かなと心配していたので、よかった~。そうよね、レッスン後、ゼッケン外すと背中から腹にかけて汗びっしょりだもの。それから、馬のシャンプー、バイタルチェック、装蹄、たて髪の散髪体験といったイベント盛りだくさんなので、楽しみhappy01 エンデュランスやるからにはいろいろ、馬のケア知識が必要になってくるので、こういうの絶対体験しておきたい。

« 2009年6月14日 - 2009年6月20日 | トップページ | 2009年7月5日 - 2009年7月11日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House