« 2008年11月30日 - 2008年12月6日 | トップページ | 2008年12月14日 - 2008年12月20日 »

2008年12月7日 - 2008年12月13日

落馬の仕方

○翻訳

ボウシインコ本は完全に確定しました。でも、本格的に作業を開始できるのは来年の夏からかなぁ。苦しい作業になりそう。ふひ。ボウシインコっていうのは、個人的になかなか魅力的なインコです。むちむちボディに分かりやすい性格、真ん丸いギョロ目。いいねぇ、好みだわlovely金と時間があればお迎えしたいですな。

○ 実務翻訳の話。

数年前に購入したTrados(割引でも10万円以上したわ)は十分に活躍してくれていますが、最近はCatalyst、WorldServer、Idiomなど色んな翻訳メモリツールができて、そういう案件もちらほらいただいてます。操作を覚えるだけで頭がパニック状態です。海外との取引が多いのですが、このところの円高で従来の単価(ドル建て)では割に合わなくなってきています。なので、少しでも単価の高いところを新規開拓中。そんな中で、敬遠したいのはインド、中国など単価が露骨に安いところ(特にインドは最悪中の最悪)wobbly。信頼できるのはやはり、ヨーロッパとアメリカのベンダーです。

○馬

昨夜、何気なくTVに目をやったら、「馬の温泉」をやっていました。競走馬用の温泉で、あとでネットで見たら「予約待ち4頭」となっていました。ふーん、こんな温泉があるんですねぇ。

NHKの「プロフェッショナル」に武豊さんが出ていたが、「馬は自分で何をやっているのかわからないから、騎手がコントロールしてあげる必要がある」というようなことを言ってました。「アニマル・コミュニケーター」(リディア・ヒビー著)という本を読むと、この本には色んな馬の話がたくさん出てくるんですが(ご本人も少女時代から乗馬に親しんでいる)、「レースに勝たなきゃ」と思っている馬、「何でこんなことしないといけないの?」と思っている馬、さまざまだそうです。「騎手が誰だろうと、自分は勝つ!」と思っている馬もいるそうで。

再来週は伊豆に馬の合宿です。しかし、参加者は私1名で、他の人は別の日にしてもらったそうです、参加者のレベルに合わせて。。。多分、16,7鞍目で合宿に参加する世間知らずの初心者って私くらい? 100%個人レッスンです。ありがたいやら、緊張するやら。どーしよ。牧場には、沖縄原産の馬やら道産子やらがいるので、写真とりまくってくるぜ!合宿のメニューには、「落馬の仕方sign03」「裸馬の乗り方」なども盛り込まれています。落馬の仕方っていうのは、「半身不随になるのを避けるための落馬の仕方」で、柔道の受身の練習です。本当に落馬しながら練習するわけではありませんのでご心配なく(多分)。

« 2008年11月30日 - 2008年12月6日 | トップページ | 2008年12月14日 - 2008年12月20日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House