« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2008年11月2日 - 2008年11月8日

馬たちのその後

先週は2鞍horsehorse乗ってきました。今回の馬たちは、前回の馬よりも扱いやすかったです。前回のトキシラズは気の強い馬で、たまに人を乗せていることを忘れて後ろの馬にちょっかいを出しに行くことがあるそうな。もちろん、騎乗者が馬をあまりよくコントロールできない人の場合。要するに、へたっぴいはなめられてるってことですな。腹帯を締めあげられて怒る馬もいるそうです。乗馬初心者の方、気をつけましょう。

2鞍目のウキウキ(何とも可愛い名前)は、前の馬を追い越したがるせっかちな性格で(私と似てるな)、手綱を引きながら歩かせる必要がありました。ウキウキは乗る前、やたらと顔をこちらに押し付けてぐいっと押そうとするので、顔を掻いてやりました。そうしたら、おとなしくなりました。やはり、痒かったのか? しかし、どの馬も頬を寄せたがる甘えん坊でとっても可愛かったです。

ショックだったのは、先週までニンジンをあげていたポニー2頭(はなこ&ななこ)carouselponyがいなくなっていたこと。ブルーな気分。フロントに聞いてみたら、2頭とも近くの牧場に「お嫁にいった」とか。それならいいんですが、処分されたとかじゃないなら。2頭の幸せを祈ります。この2頭はいつも一緒じゃないとだめなんだそうです。

乗馬クラブを題材にした漫画「元競走馬のおれっち」を読むと、競走馬が引退後、運よく乗馬クラブなどに引き取られても、故障が長引くと処分されてしまうらしい。悲しすぎる。「小鳥のお部屋」のTopページに引退馬をサポートするサイトのリンクを貼ってあるので、よければサポートお願いします。千葉県の乗馬クラブ「イグレット」というところです。

最近、教室で育てた豚を食べるかどうかというテーマを扱った映画がありますね。曽野綾子さんも学校で鶏を飼ってしめて食べる教育をすべきだとたびたび言っています。しかし、実際に殺してみなければその残酷さがわからないくらい、人間の想像力って枯渇しているのでしょうか。私ならこんな独善的なアホ教師、唾棄するのみです。

« 2008年10月26日 - 2008年11月1日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House