« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2008年6月15日 - 2008年6月21日

動物実験廃止に協力お願いします。

以下に、動物愛護団体PETAのニュースレターの訳を掲載します。

********************************
北米では、2008年に1億匹以上の動物が不要な実験のために、毒を注入され、不具にされ、殺されています。毎日、実験技師たちは、犬、猫、猿、ウサギ、モルモット、その他の動物たちを苦痛に満ちた化学薬品、化粧品、殺虫剤、心理学、食品添加物の実験に使っています。

しかし、PETAに寄付をして支援することで、企業や政府を動物実験から遠ざけることができます。

コネチカット大学医療センターの動物実験者、David Waitzmanをご紹介しましょう。Waitzmanは連邦政府から170万ドルの援助を受けて、猿への残酷な研究を行っています。彼は猿の頭にドリルで穴を開け、スチールコイルを眼球に埋め込みます。これを何度も繰り返します。

Waitzmanの実験で地獄の苦しみを味わったコーネリアスという猿の実験記録を紹介します。コーネリアスはドリルで頭に穴を開けられた後、8ヶ月間にわたって震えと発作に苦しみました。それでもWaitzmanはコーネリアスを実験に使いました。コーネリアスは、脳をむき出しにされて棒を突き差されたまま、身動きできないように拘束椅子に固定され続けたのです。最後の日、コーネリアスは実験中に嘔吐し、痙攣を起こしました。そして痙攣から大発作を起こし、心停止して亡くなったのです。

コーネリアスのように、非常に多くの哀れな動物たちが(中には赤ちゃんもいます)、窓のない実験室の殺風景な金属製ケージに閉じ込められて死を待っています。動物たちは強制的に餌を詰め込まれ、毒を注射され、ひどい病気に苦しめられます。化学薬品を目に噴射されるか飲まされるかして、脳には電極を埋め込まれます。実験者たちは麻酔を使わずに、動物の体を切り取って組織を取り出します。動物たちは皆、恐怖におびえ、その多くはコーネリアスのように、長期にわたる拷問のうちに死んでいきます。

このような残酷な実験をやめさせるために、どうかPETAをご支援ください。今すぐ、寄付をお願いいたします。

私たちの税金はこれらの残酷な実験に使われることがよくあります。しかし、それだけではありません。実験の多くは粗雑で無意味で、ろくでもない科学に利用されます。高速コンピューターモデル、ヒト細胞培養、疫学研究などの最新のハイテク研究技法の方が動物実験を行うよりも人道的で正確性に優れています。

PETAは25年にわたって動物実験の廃止活動を行ってきた世界的な団体です。PETAが行っている活動や成果を以下に列挙します。

・PETAの覆面捜査員は、実験室に潜入して、その中で行われていることを、政府当局、株主、顧客に報告しています。

・PETAの科学チームは、動物実験よりもコスト安で効果的な実験手法が確実に検証および使用されるように、政府や企業と連携して活動しています。

・PETAは企業と直接、協働して、動物実験抜きのポリシーと慣習を実施しています。そのおかげで、約800社がPETAのキャンペーンに参加して、動物実験を廃止しました。

・PETAの内部告発者および「思いやりのある消費者プログラム」は、動物実験をした製品を購入しないように消費者に呼びかけることで、動物たちの扱われ方を大きく改善しています。

私たちはこれまで多くの進展を見てきましたが、痛み、苦しみ、残酷さで満ちた毎日から救わなければならないコーネリアスのような動物はあまりにも数多くいます。研究所の扉の奥で行われている残酷な実験と殺し方に終止符を打つには、皆様の援助が今すぐ必要です。

多くの動物たちが、あなたとPETAが助けに来てくれるのを待っています。

寄付先:https://secure.peta.org/site/Donation2?df_id=15100&15100.donation=form1&set.custom.Campaign_Code=I13JWAXXXXP&autologin=true

記入例:

Your Name
Title:記入不要
First:Hanako
Last:Yamada
Suffix:記入不要

Organizational Name
Company or Organizational Name if applicable:記入不要

住所の欄ですが、この欄の下に
Location Information
Street Address*:
Line 1: 
Line 2:   
City*:
State*:

* - required fields

Location information is in the U.S. format(住所はアメリカの方式がもとになっています)
Change to Canadian or International address format. (カナダまたは海外の住所形式に変更してください)

と書かれています。International address formatをクリックしてください。すると、以下の画面に変わります。

Location Information(記入例:〒111-1111 北海道県神奈川市神奈川1-1-1-234の場合)

Street address*: Kanagawa1-1-1-234
Line 1:Hokkaido-ken 
Line 2: 
Line 3:   
City*:Kanagawa-shi
Postal code:111-1111

Country or Territory*:Japanを選択
 

Other Information

Home tel.:(xxx) xxx-xxxx(記入不要)
( ) -


E-mail address*:(メールアドレスを入力)

Verify E-mail address*:(確認のため、もう一度メールアドレスを入力)


Donation Information

$35 $50 $75 $100 $  (任意の金額) (寄付する額を選びます)
Your donation will be in U.S. dollars. You can find the value in your local currency by using a currency converter.(寄付金はドル建てで課金されます。)

 

Please charge my credit card:(クレジットカード情報を入力します)

Cards accepted:(使用するカードを選択します)
   
MasterCard  Visa  American Express  Discover

Name on the card:(ローマ字で自分の名前を入力します。例:Hanako Yamada)
 
Card number:(カード番号を入力します。)
 
Card Security Code:(カード裏面にある三桁の数字を入力します)
  *   What's this? 

Expiration date:(カードの有効期限を選択します。例:2008年12月の場合は、12/2008)
   01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 / 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 

最後に以下のボタンをクリックします。

Submit my Secure Donation

去年はセキセイ、ヨウム本が出ましたが、さて今年は?!

今のところ、まだ企画段階ですが、中型インコ2、3種を検討しています(オカメじゃないですよ。オカメは国内本が充実しているので)。現在、アメリカのアマゾンから原書を取り寄せ中です。翻訳・出版されるのは来年あたりになるんじゃないかと思います。出版されなかったら、企画が通らなかったということで、ゴメンナサイ。

ところで、この2、3年、鳥の洋書の翻訳本が何冊か出されていますが、どのような成り行きで出版されるんだろうと思っている方もいらっしゃるかもしれません。翻訳本は、出版社側から持ち込まれる話もあれば、こちらから提案することもあります。ヨウム、セキセイ本はこちらからの提案でした。どのように本を選ぶのかと言うと、出版年月日が比較的新しいこと、著者が信頼できること(鳥雑誌の定期的な寄稿者など)、日本で浸透していない情報が載っていること(日本で出版する意義があること)、などです。セキセイ本は出版年月日は古いですが、内容的にもビジュアル的にもとても魅力的な本だったので、どうしても出したいと思い、提案させてもらいました。で、洋書を入手したら本の概要をまとめます(本のタイトル、著者の経歴、出版年月日、目次、簡単な内容、感想)。出版社の人はこの概要(レジュメ)をもとに、本を出版するかどうかを検討します。

日本で需要がありそうで、内容が良い本だと出版される確率は高くなります。問題は、翻訳する時間を作ることです。頼りになる翻訳者さん、あと2,3人はほしいです!! この業界(私はIT関連の校正・翻訳ですが)に長年身を置いているとつくづく感じるのは、優秀な翻訳者さんっていうのは実に稀な存在であること。なんとかならないでしょうか。。

ところで、昨夜、カーブスに無料体験に行って、すぐに申し込みました。本当に30分で終わるので、なんとか時間をやりくりして、体重10kgくらい減らさないと。このまま放置しておくと、よくダイエット広告に載っているモデルさんみたいになってしまいそうで恐ろしいです、はい。。

チャー君のその後

チャー君は、足が麻痺した1ヵ月後、下嘴が青黒くなってしまいました。幸い、翌日が日曜日だったのですぐに予約を取って病院に連れて行きました。たまに嘴が黒くなる文鳥さんがいるそうで、原因は細菌感染か心臓からくるものらしいのですが、はっきりとはわからないそうです。細菌感染だといけないので、念のため抗生剤を注射することになり、3週間ほど抗生剤を投薬しました。おかげさまで、今では嘴の色が戻り、トヤも終盤なせいかとても元気にしています。

1ヶ月前からホメオパシーを始めたのでもしかすると、その好転反応かもとも思います。

会社の春の健康診断でいきなり、メタボと診断されてしまいました(泣)。確かに、体重も去年より○キロも増えて、腹回りも人に言えない数字がでました。。。今週、早速、近所にできたカーブスという運動ジムに無料体験いってきます! カーブスは中高年の女性が多い女性専用のジムです。年配女性が多いので、かっこつけずに運動に没頭できそうです。

« 2008年6月1日 - 2008年6月7日 | トップページ | 2008年6月22日 - 2008年6月28日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House