« チャー君の検査結果 | トップページ | シンボリクリヨン »

伊豆の合宿

今年もあと1ヶ月になってしまった。人生、このペースであっという間に進んで行ってくれると楽でいい。今年後半はなぜか乗馬にはまった一年でした。通勤電車内の乗馬クラブの広告を見たのが運のつき(?)。大アップの馬の横顔から目が離せなくなりました。最初は競馬の広告かなぁと思ってしまいました。

そして、まだ軽速歩も不満足なくせに、12月下旬には伊豆の合宿に参加する予定です。やっぱり、ゆくゆくはエンデュランス(長距離トレッキング)を目指したいです。エンデュランスの会のサイトを見ると、オーストラリアだのタスマニアだのイギリスだの、ツアーがたくさんでています。行くならやっぱり、イギリスがいいな。ウェールズ地方の馬はとにかくすごいらしい。黙ってても全力疾走してしまうとか。大丈夫かな、自分(すっかり妄想の世界)。

昨夜、大阪夏の陣が「その時、歴史は動いた」でやっていましたが、随分と悪逆非道なことをしていたんだなと驚きました。武士だけじゃなく、民兵を大勢雇っていたらしい。戦場においては、しろうと(民兵とか寺の坊主とか)ほど、やることが残忍でえげつなくなるみたいですね。

以前、ある霊能者の方(といっても霊能力を仕事にしている方ではありません)に「自分は過去世ではカウボーイしてたんじゃないですか?」と聞いたら、「違う。中世ヨーロッパの貴族で乗馬をしていて、それで馬との絆が深まった。女性・男性・男性と生まれ変わって、騎士の時代もある」と言われたことがあります。騎士というと当然人を殺しているわけですが、「戦はたくさんあったけど卑劣なことはしていないから安心して」と言われ、この点は、はい、ちょっと安心。しかし、中世なんて暗黒時代に3度も生まれ変わるなんて、自分はよほどチャレンジャーだったんだろうな(笑)。今は、生まれてきてしまったものは仕方ないから生きているって感じだけど。しかし、騎士っていうのはずっしりした鎧とか付けていた訳だから、軽速歩なんてできなかったと推察されます。昔の馬は、あんな思いもの乗せて戦に狩り出されて本当に気の毒だ。

« チャー君の検査結果 | トップページ | シンボリクリヨン »

趣味」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/516803/43243978

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆の合宿:

« チャー君の検査結果 | トップページ | シンボリクリヨン »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House