2018年となりました

皆様 あけましておめでとうございます。半年近くも更新をさぼってしましましたが(新年早々、滝汗)、年をとると、ブログを更新する気力も体力もなくなっていくものですねぇ。2017年、何とか生き延びました。今年も気力を振り絞って(本当か?)頑張りたいと思います。皆様にとって幸多き年となりますようお祈りいたします。

鳥たちはとくに変わりなく元気です。マーちゃんは相変わらずの甘ったれで、手の中で抱っこされてる時が至福の時のようです。奈々も相変わらず毛引きですが(11月からひどくなる。乾燥のせい?)、飼い主命のようです。あいにく、飼い主は仕事、家事、雑用に振り回されて、鳥さま命という余裕がないのが残念なところ。いや、ほんと鳥たちには気の毒な残念な飼い主です。

去年は4月ごろから、送迎と院内介助のボランティアも入ってきたりと、時間的余裕がほとんどなくなりましたが、こういうボランティアでもないと、世の中のためになること、何もしていない状態になるし。やっぱり少しは人の役に立ちたいので。

今もTVも見ずに(見たい番組がない!)、仕事しております。駅伝も興味ないし、バラエティもつまらないしで。昔は、今年を分析、予測する硬派な番組もあったけど、最近やらなくなったのかな?

明日は親戚と一緒に近所に初詣の予定。今年のおみくじは凶以外でありますように!

メガネ新調(ブルーライト対策のルティーナレンズ)

今日は鳥たちの日光浴姿の写真をアップします。

1


奈々は水浴び後に。

2

先日、眼科に行ったら、ブルーライトは目に有害と断言されました。それなのに、今はPCのモニターは全部LEDのバックライトで他に選択肢がない。それってちょっとおかしいんじゃないの?って思います。安全性より経済性重視って、正常な感覚じゃないよね。

今回、眼科に行ったのは、院内のメガネ屋さんで「ナイトドライブ用」メガネを作るため。ブルーライトは目の網膜まで届いてダメージを与えます。最近の車のライトは全部LEDなので、夜運転していると無駄にまぶしいLEDライトがバンバン目にあたるので、その対策として、ルテインを保護するルティーナというレンズを使ったナイトドライブ用メガネを購入しました。それと、普段使いの眼鏡のレンズも、紫外線防止、ブルーライトカット、ルティーナ仕様のフル装備にすることに…。白内障、緑内障、黄斑変性などが心配なお年頃になったので。若い人も、今から対策を講じた方がいいかと思います。

桜→白→桜文鳥

この初夏のトヤが終わってみれば、なんと、マーちゃんが再び桜文鳥になりました。筆毛がにょきにょき生えてきた時点で黒い色が多いのに気付いていましたが、まさかこんなに頭が黒く、背中がグレーになるとは思いませんでした。なんて不思議な文鳥なんだ、マーちゃん

Dscn0357


僕はプリプリの可愛い桜文鳥。白だけでなく桜も似合ういい男。

Dscn0360


最近、奈々がマーちゃんのケージの扉を開けて、マーちゃんのシードをポリポリつまんで困っています ┐(´д`)┌ヤレヤレ

Dscn0354


実は小林麻央さんのブログの大ファンでした。本当に素晴らしい女性でしたね。体がぼろぼろなのに、人の事も思いやれる優しさ、強さに心打たれました。普通ならたぶん、生きて呼吸しているのがやっとではないかと思うんです。ガン末期になっても愛を実践できるってすごい精神力です。心からご冥福をお祈り致します。ご家族はこれから大変でしょうけれども、麻央さんが見守ってくれていると思います。市川海老蔵さんは、実は最初は好感度低かったのですが、あの事件から変わられて。色々な事があったのでしょうが、それを乗り越えて行ける大きな器の持ち主なんだなぁと改めて思いました。

昨日は、江原啓之さんのバリトンリサイタルに行ってきました。歌声が朗々と響き、笑いもふんだんにあって素晴らしかったです。1部はイタリアのオペラの曲で2部は日本の歌。特に最後の「夜明けの歌」は心の中で一緒に歌うほど良かったです。そしてアンコールはまるで、第3部のように何曲も歌ってくれ、「アベマリア」は本当にイタリア人が歌っているように声が伸びやかで感動しました。

共謀罪、プルトニウム秘密輸送、ペットフード産業の闇

奈良旅行その1

5月26日(金)~28日(日)にかけて奈良に行ってきました。

26日11時に新幹線に乗り、2時30頃に近鉄奈良に到着。列車の中で、なんとファンデーションを化粧ポーチに入れ忘れていた事に気付く。全部準備したつもりだったのに、最近は脳の劣化がとみに進行中のようで。。駅で500円の詰替え用ファンデとパフを買って事なきを得る。うんと若い昔は化粧なんて…とこっぱずかしかったのに、今は化粧しないと恥ずかしくなりましたw

駅前のレンタルサイクルを利用して、まずは興福寺にGo! しかし、連休は終わったし、一応平日なのに奈良は修学旅行生と外国人観光客でごったがえしていました。外国人が半数くらい占めているのは浅草寺だけではなかったか。。しかも、結構暑い(汗)。

興福寺と言えば当然、阿修羅像です。阿修羅像の周囲には怖い顔をしたおなじみの像や少林寺拳法みたいな方々の像もあり、阿修羅像はもちろん文句なしにカッコ良かったけど、少林寺拳法の凛とした表情に心打たれました。

お次は、いつも素通りしていた奈良国立博物館。細かい名称は忘れたけど、「快慶展」をやっていて、これでもかってくらいたくさんの名仏像をおがみました。仏像好きな人にはたまらん光景でしょう。こういう博物館にいると1時間くらいはあっという間にたってしまう。このあと東大寺にも行きたかったけど、心身ともにグロッキーで、駅に戻ってタクシーで宿「青葉茶屋」に。この旅館は15、6年前に母と泊ったことがあることを予約後に思い出したました。

「青葉茶屋」は奈良公園の中にあり、しかも鹿の寝場所がすぐ横にあるので、窓から鹿たちの様子をみる事が出来ました。ちょうど新緑がすがすがしい時期で、ロケーション最高です。お風呂は広くないけど貸し切りで利用できます。食事もとっても美味しかったです。翌朝、鹿せんべいを手に公園内を散歩しました。鹿せんべいを持っているとすぐに鹿が寄ってきて、あっという間に「かつあげ」されました。鹿せんべいを「くださいな」というより、前に立ちはだかって「はよ、よこさんか、おばはん!」って感じでした。それでも雌は頭を少し撫でさせてくれました。宿の人の話ではこの辺の鹿は「飢えている」とのことです。あと、鹿が病気をしたり怪我を負ったりすると、ボランティアの人たちが面倒をみるんだそうです。そうそう、車の多い大きい通りの横断歩道を、信号が赤だろうとおかまいなく、鹿たちがゆっくりゆっくり渡っていくので見ていてはらはらしました。でも、車はちゃんととまっていましたよ。

とりあえず、写真をアップ。

Koufukuji01
興福寺 五重塔

Koufukuji02

興福寺 本堂

Shika

宿の窓から見た鹿

Photo

かつあげを終えて去っていく鹿たちw

Photo_2


宿近くの池。見づらいけど、鹿たちが木の根もとで休んでいる。

けいれん発作

先週の金曜日から日曜日まで奈良旅行に行ってきました。前日に奈々とマーちゃんをペットホテルに預けに行き、ついでに病院で健康診断してもらったのですが、2年ほど前から、奈々はタオルに包まれて爪切りやそのう検査などをしようとすると、けいれん発作を起こすようになってしまいました。

今回は特に発作がひどくて、足はつっぱり、目はものすごいまばたきをして、このまま死んでしまうんではないかと心配になりました。もちろん、けいれんを起こしたら、いったん「休憩」し、落ち着いたら再びタオルでくるんで爪切りなどしてもらいます。爪だけは永遠に切らないわけにはいかん。

普通は文鳥にけいれんが多くて、大型は少ないそうですが、うちは逆パターンです。けいれんを起こす鳥さんのために事前に鎮静剤を投与するという方法があるそうですが、薬が効くまで半時間待たなくてはならないので、却下してきましたが、次回からは事前に鎮静剤を投与してもらおうかなーなんて思ってます。かわいそうなので。

マーちゃんは先生にむんずとつかまれても、余裕で「きゃるるるる!」と抗議するくらいで、けいれんのけの字もみせません。前のチャー君なんて、診察台の上でもキャリーケースの中で平気でぽりぽり餌ついばんでいたし。

今回初めて奈々のサイテス登録票を使いました。鳥たちを引き取る時に、預かったことを証明する書類をペットホテル側がくれるので、それを環境保護センターに郵送します。送らないと罰金刑です。「いろいろと面倒な事になったな」と言うと、ホテルの人が「それで鳥が保護されるのなら」と模範解答。すいません、意識低い系で。。

サイテス、ゲッツ!

昨日、サイテス登録証がついに届きました。4月10日に送ったので1カ月以上かかったことになります。ちなみに登録料3200円を振り込んでから1週間で到着しました。もうこれで、私が先に寿命がきても安心して死ねますよ。それに、旅行等の時にはペットホテルにも預けることができるし、重い病気になった時には問題なく入院させられる。

あ、そうそう、写真に日付が入っていても、台紙に日付を書かないと却下という話もありましたが、うちの場合は何も言われませんでした(このあたり、担当者によって違うのかよくわかりません)。うちは、裏付け書類として販売店の販売証明書のほかに、PBFDになった時の検査証明書も送りましたが、こちらは原本だからということで登録証と一緒に返送されてきました。

登録証には年齢などの情報が一部伏せた状態になっています。これは、何らかの理由で照会が必要になった時に、真偽を確認するためなのか、それとも年齢は毎年変わるからなのか…? でも体長はそんな簡単に変わらないのに?

奈々は毎日元気にうるさく暮らしています。非常に甘ったれで、手のひらの上でぺとっと腹ばいになってほほや頭にチューされるのが大好きです。チューすると、ウットリ目を閉じてため息をもらします(笑)。長年鳥を飼ってきた経験から言うと、発情の興奮とは違うようですので、安心してください。そういえば、奈々ちゃん卵を産んだこと一度もないです。

Cites

ヨウムCITES登録申請について超重要な注意点(6/20追記あり)

4月上旬に書類を郵送してそろそろ1カ月になろうとしていますが、まだ返事がないので、今日、自然環境研究センターに電話してみました(少々つながりにくい)。そうしたら、いきなり書類を送ると、書類不備として後回しにされると言われました。。。書類を送る前に必ず電話で問い合わせて、送る書類について確認してから郵送しないとだめだそうです。

みなさん、気をつけましょう ちなみに申請してから連絡があるまで1カ月以上はかかるそうです。

CITES登録なんて不要と思っている人がいるかもしれませんが、旅行に行くときにペットホテルに預けることはもちろん、獣医さんとこで入院が必要になった時にも、入院させることができなくなる可能性があるので、早急に登録申請することをお勧めします。

自然環境研究センターの問い合わせ電話番号:03-6659-6018(平日10:00〜17:00)

6/20追記:ペットホテルや病院に預けるときには、登録票を持参する必要がありますが、原本は絶対に紛失してはいけないので、コピーを渡すか、登録票の預かり証を受け取った方がいいそうです。(どちらがいいか預け先にお問い合わせください)。あと入院時にもやはり、登録票が必要になるそうです。

 

ヨウムのサイテス登録(再び追記あり)

久々のブログ更新となってしまいました。ヨウム飼いの方はご存知のように、このたびのサイテス格上げにつき、登録証を取得しなければならなくなりました。取得しないと、何らかの理由でヨウムを手放して里親を探す事になった時、たとえそれが親子や親せき間であっても譲渡できなくなり、残りの長い生涯を施設や動物園で過ごさなければならなくなります。

自然環境研究センターから各種書式をダウンロードして印刷し記入の上、写真(日付入り、左横全体、左向き頭部、正面全体、足輪)と販売証明書(原本)と共に送ります。登録代は3200円だそうです。詳しくは、自然環境研究センター ヨウムで検索してみてください。

私も先月下旬にずしっと重い腰を上げ、鈍重な体を動かして獣医さんに行って、健康診断のついでに、体長測定、足輪の写真の撮影に協力していただきました。写真は、日付から1カ月以内に書類を出さないと無効になります。

現在、販売証明書待ちです。販売証明書は購入元のペットショップに問い合わせて入手してください。手数料がかかります。うちの場合、足輪の番号がお迎え時にもらった書類と違っていて不安になりましたが、先方の記入ミスってことで書類を修正してもらえました。

サイテス登録については、詳しいブログが色々あるようですのでご参考に!

追記:

あるブログを読んでみたら、写真に日付が直接入っていても、写真を貼った台紙に撮影日を記入する必要があるそうです。

郵送の際には、追跡可能な方法(郵便局なら「特定記録」など)を利用することをおすすめします。大事な書類が万一、届かないなんてことがあったら大変です。

書類は(送付状を含めて)コピーをとっておく事をおすすめします。どのような書類を添付したか後でわかるように、書類送付状を付けることをおすすめします。送付状は普通の紙に日付、自分の住所・氏名・電話番号、書類の明細を記入すれば十分だと思います。

再び追記:

自分はまだ若いから登録証なんていらないと思っているあなた、これから結婚したり、子供が出来たり、転勤したり、重い病気になったりで里子に出さなければならない事態はいつやってくるかわかりません。今日にでも交通事故で死んでしまう可能性だってある。登録証の取得は飼い主の義務ですぞ。

ENEOSでんき

年をとると1年が早いと申しますが、1週間が過ぎるのが早い! もう金曜日。

昨年末、税金対策のために購入した家具が今月続々到着。ディノスで頼んだ100cm幅の食器棚付きキッチンボード(こちらは税金とは無関係)、やっぱり注文して良かった~ おかげでリビングにあった大きくて古い食器棚を処分し、メインの食器は全部キッチンボードに収納できました。古い食器棚(20年以上は使っているはず)と前のキッチンボードは大塚家具の買い取りサービスで二束三文だけど買い取ってもらえたし。普通、こちらが少なからずお金を出して引き取ってもらうはずが、買い取ってもらえるだけでありがたいです(しかも出張料金なし)。

書斎も去年ガラス戸付き書棚×3に買い替えたので、ボロい部屋でも見違えるようになりました。そして今日、ライティングビューローとリビングボードが到着。今までは単に古い本棚が置いてある使い道のない余り部屋だったんですが、これでようやく「書斎」っぽくなった。

フリーランスになってから家にいる時間が大幅に増えたので、できるだけ居心地の良い空間にしていきたいです。

今まで特に知らされていなかったのですが、マンションの理事になってから、うちのマンション、共有部はだめだけど、自室なら電気会社を変えることができることを知りました。それでネットで調べた結果、ENEOSでんきにすることにしました。原発由来はなるべく避けたいのですが、今の時点ではどこも明示されていないようです。原発が使われていない可能性が高いか、比率が低い会社を選ぶ決め手となるのは、自前の発電所があるかどうかだそう。ENEOSは自前の発電所が多数あるし、電気代も東電より安くなりそうなので、ENEOSに決めました。東電だと、これからも廃炉の後始末の分を勝手に電気代に上乗せされ、高くなる一方だろうし、ろくでもない企業だと思うので、離脱できて本当にうれしいです。

あ、ところで去年からツイッター始めました。https://twitter.com/translator45

お暇だったら見てねw

«2017年明けましておめでとうございます

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

哲学エッセイ

  • 池田晶子: 暮らしの哲学
    (★★★★★)

鳥本

  • アネット・ヴォールター: ザ・セキセイインコ
  • ニッキー・ムスタキ: ザ・ヨウム

DVD

  • シーズン1
    ヒュー・ローリー: Dr. House